シマノのビンディングシューズ「SH-RP500ML」のベルトのネジが取れちゃったので応急処置

先日、久しぶりに大阪市内に住む叔父と叔母のところに行きました。

41歳にもなってチャリで、です(笑)

石川沿いを北上し、大和川沿いを西進し、母校の横を抜けてしばらく走って到着。

しばらく話してから「ほな帰るわ」ということでビンディングシューズを履こうと思ったら、ベルトのネジが外れていることに気づきました。

シマノのビンディングシューズ「SH-RP500ML」のベルトのネジがない!

ちなみに、もう片方のネジはちゃんと付いています。

反対側のベルトのネジ

帰りも平坦なので、ビンディングシューズのベルトが外れていても、何の問題もなく帰ることはできました。

しかし、さすがにずっとこのままというわけにもいきません。

それで帰宅後、ビンディングシューズの補修パーツのネジをネットで探してみたのですが見つからず。

とりあえず、代用できるようなネジがないかを探しましたが、こういうネジはなかなか特殊で、手元にはありませんでした。

ベルトとネジ

いっそこのままビンディングシューズごと買い替えてやろうかと思いましたが、さすがにそれはもったいない。

というわけで、補修パーツを求めて近所の「サイクルベースあさひ」に駆け込むことにしました。

サイクルベースあさひ河内長野店

あさひに駆け込むと、シマノのサイトから対応補修パーツを調べてくれて、「シューズスペア用 アダプタブル・バックル&スト​ラップ 付属/バックル固定ボルト、ナ​ット ストラップ固定ボルト ESMSHR321ABSSL​2」という補修パーツを取り寄せれば良いことが分かりました。

しかし、あいにくシマノにも在庫がなく、12月になるとのこと。

「在庫があるプロショップに行ってもらったほうが良いかもしれませんねー」とのことでした。

ネジ1本が欲しいために2000円オーバーというのはともかくとして、3ヶ月以上も待たないといけないというのは困ります。

本気でビンディングシューズを買い替えようかとも思ったのですが、とりあえず代用できるネジを求めてナフコに行きました。

市販のキャップボルトと正規のボルト

その結果、「4×6キャップボルト黒」(上写真左)であれば、ネジの太さと長さが合うことが分かりました。

税込18円也。これでビンディングシューズが使えるようになればラッキーです。

市販のキャップボルト+ワッシャーを留めたSH-RP500ML

そのままでも大丈夫そうでしたが、ボルトの頭が小さいので念のため手元にあったワッシャーを1枚かませてビンディングシューズにボルトを留めたところ、問題なくストラップを固定することができました。

正規品と比べるとちょっとボルトの頭が出っ張ってますが、2週間ほど使い続けても今のところ問題はありません。

それにしても、今回ボルトが外れるまで、ストラップがボルトで固定されていることすら気づきませんでした。

これからはボルトが緩んでいないかチェックしてからサイクリングに出掛けたいと思います。

けど、たぶん忘れるだろうなー(苦笑)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク