低価格コンプレッションインナー!アルペンのTIGORA(ティゴラ)を試してみた!

最近、師匠がコンプレッションインナーをプッシュしてくるので、一番のオススメだというアルペンのTIGORA(ティゴラ)の​コンプレッションインナーを上下で試してみることにしました。

 

おたふく手袋のBTパワーストレッチハイネックシャツでは暑すぎて、ちょうど冬に着るインナーを探していたし、春秋用に長袖のサイクルジャージを買うか、長袖長ズボンのインナーの上に半袖半ズボンのサイクルジャージを着ようかと思っていたところだったんです。

遅ればせながら中4日で届きました

届いたばかりのティゴラ・コンプレッションインナー

土日を挟んだ影響かもしれませんが、最近のネット通販にしては珍しく中4日で届きました。包装もいたってシンプルです。

TIGORA(ティゴラ)メンズ コンプレッションインナー ロングタイツ ロングスパッツ

タイツには腰紐つき

まずはタイツのほうから見てみましょう。タイツには腰紐が付いています。コンプレッションインナーなので、腰の細い私でも必要ありませんが。

製造はアルペン子会社のジャパーナ

製造元はジャパーナ。アルペンの子会社です。中国製。

タイツを履いた上にサイクルパンツを重ね履き

早速タイツを履いてみて、その上からサイクルパンツを重ね履きしてみました。私はコンプレッションインナーを着るのは初めてなんですが、ライトコンプレッションということで普通のサイクル用タイツに近い締め付け感です。良くも悪くもサイクル用タイツとほとんど変わらない着用感です。

ちなみに私は身長178cm、体重64kgで、サイクルジャージなどは基本的にLですが、今回もLで問題ありませんでした。股下もギリギリOK。くるぶし上の靴下まで届く感じですが、走ると数mm上までズレます。

タイツなので毛がハミ出します

愛機に乗って走り、ふと脚を見るとカシミヤの毛が付いているような・・・と思ったら、私の毛がハミ出していました(笑)やっぱりタイツなんですね。

TIGORA(ティゴラ)メンズ コンプレッションインナー クルーネック長袖シャツ

シャツを着てみた状態

こちらがクルーネックシャツを着用した状態。ライトコンプレッションって感じです。私が細身だからということもあるでしょうが、ピチッとはしますがキツくはないです。着たり脱いだりするときにゴムのように「バインッ!」となるのが気持ち良いですね(笑)

シャツの上にサイクルジャージを重ね着

サイクルジャージを重ね着してみました。春秋用を前提とした組み合わせなんですが、シャツがタイトだからか、ほんわりと温かく感じます。

シャツの袖口

袖口を見るとやっぱりアンダーウェアって感じですね。どちらかというと手が長い私には9分丈という感じですが、まあアンダーウェアと考えればこれがジャストサイズなのかもしれません。

師匠と一緒に延命寺まで試走に出てみた

延命寺方面に向かって前を走る師匠

肉離れでリハビリ中の師匠に引かれながら延命寺まで。

気温は12℃

気温は12℃。とは言え、師匠も「10℃もないと思うけどな~」と言うくらい、実際にはもっと寒かったと思います。春秋用を想定したこの服装では、ウィンドブレーカーを着ていても風を感じると膝下と腕から先が寒いです。でも不思議と、止まって休憩している間はあまり寒くありませんでした。

翌日は気温が12~13℃くらいの中を、パールイズミのハザードジャージの下にティゴラを着て、上からウィンドブレーカーを羽織って軽く走りましたが、むしろちょっと暑いくらいでした。ユニクロのヒートテックと同等かそれ以上に暑く感じました。「何も着ていないよりも涼しい」という前評判だったんですが、ちょっと心配です。

まあ結論はもっと何度も色んな状況下で試してみないと分かりませんが、この値段だったらライトとは言えコンプレッションインナーとしてはかなり良いんじゃないかなぁと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク