PWTのチェーンカッターCT-03Rにヒロバゼロのスペアピンがピッタリ

PWT・チェーンカッター CT-03R 1~11速対応

MTBのチェーンが伸びてきたので、そろそろ替え時です。しかし、チェーンを交換するためにはチェーンカッターが必要で、以前に曲げてしまったピンの代わりを発注しなければ使えません。

早速、私が持っているPWTのチェーンカッター「CT-03R」のスペアピンを探してみると、本体もスペアピンも廃番になっていることが分かりました。曲げてしまったときにすぐに替えを発注しておけば良かったと後悔しても後の祭りです。

大人しくシマノのチェーンカッターに買い替えようかとも思いましたが、代わりに合いそうなものを探してみることにしました。

 

ヒロバゼロ・スペアピン(品番:GZTL08用)

左: PWT チェーンカッター CT-03R、右:ヒロバゼロ・スペアピン(品番:GZTL08用)

かなり時間を掛けて探しまくった結果、ヒロバ・ゼロ(旧:ガレージ・ゼロ)の「チェーンカッターGZTL08」がPWTの「CT-03R」にとても似ていることに気付きました。そして、専用のスペアピン(品番:GZTL08用)の形状がPWTのものとまったく同じだったのです。

無事にチェーンを切れました

無事にチェーンを切れました

こうして無事に新しいチェーン(シマノ・CN-HG95 10S)を切ることができました。

しかし、今回は付属のチェーンピンでつもりだったのに、ミッシングリンクを使う長さで間違って切ってしまいました(苦笑)せっかくのチェーンカッターの出番も半減です。

 

せっかく買ったチェーンカッターもスペアピンなしではどうにもなりません。しかし、代わりが見つかったことで、これからもPWTのチェーンカッターを使い続けることができそうです。少なくとも、しばらくの間は。

ともあれ、新しいチェーンはやっぱり良いです。ギアチェンジがスムーズで、とても気持ち良く加速や減速ができます。

あとはリアブレーキの異音が解決すれば完璧…。ということで、続きは次回。

 

関連記事

スルッとハマる!KMC「10スピード用ミッシングリンクCL559R」
シマノ「CN-HG95」にKMCの「10スピード用ミッシングリンクCL559R」を取り付けてみました。拍子抜けするほどクイックリンクよりも簡単にスルッとハマって驚きました。マスターリンクツールなんて必要ないですね。
JAB29.4のチェーンをFSA「CN-910」からシマノ「CN-HG95 HG-X」に交換
ビアンキJAB29.4のチェーンをFSA「CN-910」からシマノ「CN-HG95 HG-X」に交換しました。SIL-TECという特殊加工を施してあるからか、ギアチェンジがスムーズになりました。
これは軽い!スプロケットをシマノ「CS-HG62」から「CS-HG50」に交換
ビアンキJAB29.4のスプロケットをシマノ「CS-HG62 10S 11-36T」から「CS-HG50 10S 11-36T」に交換しました。約2割も軽くなり、シフトチェンジもスムーズ。アウタートップでギアが滑る現象も解消されました。

コメント