たったの1000円!BIKE HAND(バイクハンド)YC-103 ディスプレイスタンドのレビュー

これまで自転車を購入したら、じっくり楽しむことなく一気にパーツを取り付けてしまっていたので、今回はじっくり楽しんでまいりたいと思います。
アートサイクルスタジオ・アルミロードNEW A1500 PRO 105を購入して持ち帰り、まず最初にやったのは、こいつを自立させること。
さすがに3台も置く場所を確保するのは難しいので、当初は壁に吊下げようかと思ってたんですが、適当な壁面がないため、普通に置くことにしました。
MINOURA(ミノウラ)の29er用ディスプレイスタンド もあるんですが、いちいちこれをハメるのは面倒なので、メンテナンスのことも考えてBIKE HAND(バイクハンド)YC-103 ディスプレイスタンドを購入。

これ、めっちゃ安いんですよ。たったの税別1,000円(税込1,080円)。
最近、下手に目が肥えてきて、高価なパーツばっかり買ってしまってるんで、たまには節約しないと・・・(苦笑)
BIKE HAND(バイクハンド)YC-103 ディスプレイスタンド
BIKE HAND(バイクハンド)YC-103 ディスプレイスタンドはダンボール箱のシンプルなパッケージです。箱の正面に組み立て方が印刷されています。
取り付けるネジに注意
組み立て始めてから気づいたんですが、ネジの先端側には山型のナットを付けなければなりません。図で見ると、台座のナットも平ナットに見えるんですが・・・。
ちなみに、組み立てには12mmのレンチが必要です。
BIKE HAND(バイクハンド)YC-103 ディスプレイスタンドを愛機にセットしてみた
ナットだけ戸惑いましたが、あとはすんなり組立完了。フック部分はラバーコーティングされています。たった1,000円ですから、十分ですね。
これで、ようやくペダルを取り付けできます (*´艸`*)

コメント