激安3,980円!サウンドピーツのスマートウォッチ「Watch3」

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

Xiaomi・Mi Band5

Xiaomi(シャオミ)のスマートウォッチ「Mi Band 5」(上写真)を使って2年になります。

今でこそ1万円を切るスマートウォッチはたくさんありますが、当時は選択肢が少なく、周囲での評判が高かったMi Band 5を購入しました。価格が安いだけでなく、電池の持ちが良くて、本当にコスパが良いと思います。

次に買い替えるとしたら後継モデルの「Smart Band 7」かなと思っていたのですが、ワイヤレスイヤホンでお馴染みのSOUNDPEATS(サウンドピーツ)からもスマートウォッチが発売されていると知って試してみることにしました。

当記事は楽天プレミアムパートナー制度に基づき、sonic様から商品提供を受けてレビューしております。毎度のことながら、その他金品の受領や執筆内容の指示等はありません。
価格および仕様はすべて2023/02/07現在

 

サウンドピーツ・Watch 3

サウンドピーツ・Watch 3

今回ご紹介するのはサウンドピーツの最新版スマートウォッチ「Watch 3」です。

1.85インチの大画面、着信やLINEの通知、万歩計、睡眠モニター、70種類以上のスポーツモード、カロリー消費モニター、IP68防水、日本語対応アプリ完備など、セールスポイントは多岐に渡りますが、何と言っても税込3,980円という低価格が最大の売りでしょう。

画面が大きくて見やすい

サウンドピーツ・Watch 3はXiaomi・Mi Band5よりも画面が大きくて見やすい

Watch3を1週間使ってみてもっとも良いと感じたのは、画面が大きくて見やすいことです。ほとんど画面を見ることはないのですが、それでもたまに日付を確認したいときに老眼の私には助かります。

それでいて、手首に当たって痛いということはまったくありません。マウンテンバイクに乗っているときも違和感ゼロです。

ただし、たまに竜頭(ボタン)が手首に当たって勝手に再起動していることがあります。また、Mi Band 5に比べると袖をまくりにくいです。

スポーツモードが豊富で並べ替えも可能

サウンドピーツ・Watch 3はスポーツモードが豊富で並べ替えも可能

あと、些細なことですが、Watch3はスポーツモードが70種類と豊富で、よく使うモードを並べ替えることもできます。そのため、私の場合はサイクリングに出掛けるときの設定が楽で助かります。

Mi Band 5はアプリ上で選択できるスポーツが少ないうえに、いちいちスライドさせないとサイクリングが選べないのがちょっと面倒です。

睡眠データが正確っぽい

サウンドピーツ・Watch 3はXiaomi・Mi Band5よりも睡眠データが正確に感じられる

また、睡眠データはWatch3のほうが正確なんじゃないかと思います。Mi Band 5はどういうわけか浅い眠りがとても長くなってしまうのです。

ちなみに、私は自慢じゃありませんがめちゃぐちゃ寝相が良いです。いつもツタンカーメンのようになっていて、死んでいると思われることが多いです。いびきも寝言もありません。なので、それが影響している可能性もあります。

文字盤のデザインが好み

サウンドピーツ・Watch 3はチェレステに合う文字盤が選べる

Watch3、Mi Band 5ともに、文字盤のデザインを複数から選ぶことができるのですが、ハッキリ言ってカスなデザインばかりです。そんな中、Watch3はチェレステに合うデザインが選べるのが個人的には気に入っています。

Watch3のここが不満

  • 電池の持ちが悪い
  • 走行距離が反映されない
  • アプリがすぐに落ちる
  • バンドの取外しが面倒
  • 充電マグネットが外れやすい

一方で、不満もいくつかあります。

まず、Watch3に限らず画面が大きなスマートウォッチ特有の事情として、バッテリーの持ちが良くないです。Mi Band 5が1日5%程度の消費で20日間ほど使えるのに対し、Watch3は1日20%ほどで5日と持たずに充電しなければならないのは不便に感じます。

また、運動モードに設定してサイクリングに出掛けたときに、走行距離が全く反映されませんでした。途中でカメラアプリを立ち上げると、サウンドピーツのアプリが落ちてしまうのも困ります。もっとも、このあたりはスマホ(楽天hand)との相性もあるかもしれません。

Watch3のベルトは従来型の腕時計にありがちなゴムバンドです。そのため、Mi Band 5と比較すると取外しがちょっと面倒ではあります。もっとも、義父がMi Band 5を落としてしまったことがあることを考えると、Watch3のほうが紛失のリスクが少ないとも言えるでしょう。

最後に、Mi Band 5の充電ケーブルはマグネットがパチッとくっつくのですが、Watch3はそれに比べると心許ない感じで割りとすぐに外れてしまいます。充電回数が多くなりがちなのですから、ここはシッカリして欲しいところです。

 

以上の通り、Watch3には不満もあるのですが、スマートウォッチのエントリーモデルとしては悪くないでしょう。価格は安くても、機能的にはさほど変わらないからです。

実際のところ、私も、Fitbit(フィットビット)の「Versa3」を使っている妻も、ほとんど万歩計の機能しか使っていません。ほかは時々時計を見たり、LINEの通知を確認する程度です。多くの人にとって、睡眠データなどを参照するのは最初の数日だけだと思います。

それならとりあえず安物で試してみれば良いわけですよね。その点で言うと、サウンドピーツのWatch3はオススメできると思います。

Xiomi Mi Smart Band 最新モデル

関連記事

サウンドピーツ「Mini Pro HS」は耳の中で空気が弾むような音質
サウンドピーツ「Mini Pro HS」レビュー。同社「Air3 deluxe HS」と比較するとカナル型とインナーイヤー型という違いがメインのように見えますが、個人的にはMini Proのほうが音質が良いと感じます。
この値段でハイレゾ!サウンドピーツ「Air3 Deluxe HS」使ってみた
SOUNDPEATS(サウンドピーツ)の新型ワイヤレスイヤホン「Air3 deluxe HS」を試してみました。ハイレゾということですが、残念ながら実感できず。「TrueShift」と比較したのが良くなかったのかもしれません。

コメント