NEWロードにサドルバッグを取り付け!TOPEAK(トピーク)エアロウェッジパック とウェッジドライバッグの比較

NEWロードバイクのサドルを交換したついでに、予備チューブなどを収納するためのサドルバッグを付けることにしました。
今回購入したのは、TOPEAK(トピーク)のエアロウェッジパック(ストラップマウント)Mサイズです。

ビアンキ・JAB29.4に取り付けた、同じくトピークのウェッジドライバッグ(ストラップマウント)Mサイズと比較しながら見てみましょう。
(上)トピーク・ウェッジドライバッグ (下)同・エアロウェッジパック
左がトピークのウェッジドライバッグ、右が今回購入した同・エアロウェッジパックです。
ウェッジドライバッグは、サイズがL185×W110×H115mm、容量が1.0リットル、重量が170g。
エアロウェッジパックは、サイズがL200×W110×H120mm、容量が0.98~1.31リットル、重量が130g。
(上)トピーク・ウェッジドライバッグ (下)同・エアロウェッジパック(エクスパンド時)
サイズ的にはほぼ同じながら、エアロウェッジパックはエクスパンド機構で拡張可能です。
また、ウェッジドライバッグのほうが少し重いのは、内側が樹脂製のシェル構造になっているため。防水性と合わせ、ガッチリしているのは頼もしいんですが、融通が利かずモノが収めにくいというデメリットもあります。また、上写真の通り、サドル取付部にウェッジドライバッグの上面が当たり、かなり斜めになってしまいます。
エアロウェッジパックをサドルに取り付けてみた
早速ですが、エアロウェッジパックをサドルに取り付けてみました。ハードシェルのウェッジドライバッグに比べると、やはりこちらのほうが取り付けた状態は収まりが良いです。
(左)トピーク・エアロウェッジパック (右)同・ウェッジドライバッグ
後方から見た場合の比較。左がエアロウェッジパック、右がウェッジドライバッグです。エアロウェッジパックのほうがちょっと大きく見えますね。リフレクターの視認性はエアロウェッジパックのほうが良いです。
ちなみにいずれもテールライト取付用のループが付いています。
シュワルベのチューブと PWTのCO2インフレーター ボンベセット
今回NEWロードバイクに取り付けたエアロウェッジパックには、シュワルベの予備チューブとPWTのCO2インフレーター ボンベセットを入れました。
トピークのサバイバル ギア ボックスと軍手
あと、トピークのサバイバル ギア ボックスと軍手。これらをエアロウェッジパックのエクスパンド機構を使うことなく、ちょうど収めることができました。パンク修理対応のためならMサイズでちょうど良い容量ですね。
ちなみにウェッジドライバッグはMTB用の予備チューブが大きいこともあり、CO2ボンベまでは入りません。軍手をもっと薄いものにして、CO2ボンベを箱から出せば入るでしょうが、まあ、MTBは携帯ポンプで空気を入れるので、CO2ボンベを携行する必要はありません。
せっかくのNEWロードバイクなので、サドルバッグを付けないほうがスマートですが、普段取り出す必要がないパンク修理キットを常時ジャージの背面ポケットに入れておくのはイヤなので、まあ良いかなと思っています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク