ミノウラのスマホホルダー「iH-220」のシリコンゴムが切れた→デイトナ製で代用

少し前に、ロードバイク(アートサイクルA1500)に取り付けているのと同じミノウラのスマホホルダー「iH-220」をマウンテンバイク(ビアンキJAB29.4)にも取り付けました。

ミノウラのiH-220はスマホの着脱が簡単なうえに、振動がきついロードでもスマホが落ちることがなく、非常に良いスマホホルダーです。

MTBには元々、同じくミノウラの「iH-400」ユニコのシリコンバンドを組み合わせて使っていましたが、スマホの着脱が面倒なうえにスマホの画面操作がしにくいので、買い替えることにしたのです。

ところが、MTBに新しく取付けたiH-220のシリコンバンドが、たった3回ほどの使用で切れてしまいました。

シリコンバンドが切れたiH-220

1年以上も前にロードバイクに取り付けたiH-220のシリコンバンドは2~3日に1度は着脱を繰り返しているにもかかわらず、まったく切れる様子がありません。

こちらが「アタリ」だったのか、新しいほうが「ハズレ」だったのかは分かりませんが、個体差があったということでしょう。

ともあれ、なんとか処置しないと使えません。

さすがに輪ゴムで代用するというわけにもいかず(苦笑)、代替品を探すことにしました。

デイトナ・補修用シリコンバンド92603

デイトナ(Daytona) バイク用スマートフォンホルダー補修用シリコンバンド92603(右)

てっきり、ミノウラでシリコンバンドの替えを用意してくれているものと思っていたんですけど、意外なことにそれはありませんでした。

そこで、代わりを探したところ、デイトナの「バイク用スマートフォンホルダー補修用シリコンバンド92603」に行き着きました。

詳しいサイズが書かれていなくて少し不安でしたが、安い商品なのでためらうことなくアマゾンポチ。

届いたものとiH-220のものとを比較してみたところ、太さはほぼ同じ、直径はやや小さいかなぁという程度の違いでした。

(iH-220のほうは使用により若干伸びた可能性もあります)

シリコンバンドの取り替えが完了

iH-220のシリコンバンドの交換が完了

そうして、iH-220のシリコンバンドの取り替えが完了。

使用感はまったく変わらず、feel so goodです(笑)

シリコンバンドの交換部品が見つかったので、これからは切れる心配をせずに済みそうです。

とゆーか、「ミノウラがちゃんと交換部品を用意しておかんかーい!」

…って、代わりに私がキレたらダメですね(爆)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク