唐揚げを買いに(マルエイチキンセンター向島店)

7月になりました。
滝畑ダムから蔵王峠までの通行止めが解除になりました。
巷では、あべのハルカスやコストコ和泉倉庫店がホットな場所ですが、
私にとっては、先日こちらにコメントをくださった
「ないあ」さんが教えてくれた、和歌山県橋本市高野口町の
「マルエイチキンセンター」がいまもっともアツイ場所です。
やらなければならない仕事ももちろんあるわけですが、
蔵王峠を越えられるようになった今、
おちおちと仕事をしている場合ではありません。
カラアゲニストの私としては何事を差し置いてでも
行かなければならないのです! (`・ω・´)

まずは滝畑ダムを目指します。
一応、これからそこそこ距離を走らないといけないので、
ボチボチと走ったつもりでしたが、
頭の中が唐揚げ色に染まっているからでしょうか、
タイムトライアルしたわけでもないのに、
ほぼベストタイムを弾き出してしまいました(笑)
(直近のベストタイムは28分42秒)
28分47秒
これが「唐揚げ愛」っちゅーやつですか? (*´Д`*)
BBQ場前駐車場にて
蔵王峠越えを前に、滝畑ダム奥のBBQ場前にて一応休憩。
ヨシミスポーツのおっちゃん、お元気でしょうか?
今回は一応、もう一つテーマがありまして、
蔵王峠までアウター縛りで行こうっちゅーことです、ハイ。
蔵王峠
無理かなと思ってたんですが、いけるもんですね~。
それともやはり、「唐揚げ愛」の成せる業でしょうか?
2番目の急登はさすがにキツかったですが、
岩湧の森に比べたら楽にクリアできました (●´3`)~♪
ちなみにここまで59分14秒。
1年前は電チャリで来てほぼ同じくらいの時間でした。
人間って、成長するもんですね~。
(ってゆーか、確認したら、ホンマにちょうど1年前の7月2日で、
 偶然過ぎてちょっとビビりました・笑)
そこから紀ノ川方面に向かってひたすら下り、
途中、ちょっと道に迷いそうになりながらも、
マルエイチキンセンター向島店に到着。
(ここまで1時間27分27秒)
マルエイチキンセンター向島店
なんとも歴史を感じさせる佇まい。
その存在を知らなかったらまったく気づかないほど、
周囲の街並みに溶け込んでしまっています。
正面のショーケースには何も並んでいないので、
てっきりやっていないのかと思いきや、
物陰にある小さなショーケースから、
年上のお姉さんが黄金色に輝く唐揚げを袋に詰めてくれました。
「遠いところから来てくれたんやね~。
 じゃあちょっと、オマケ!」
うわっ、おばちゃんアリガトー (´▽`*)
でわ早速、いただきましょう!
というわけで、紀ノ川の河川敷に移動。
紀ノ川河川敷
そして・・・色気ムンムンの唐揚げ様をご開帳~! (*´艸`*)
1kgの唐揚げ
こりゃあ、なかなかデカイですよ! (゚∀゚)
ちなみに、今回購入した唐揚げは1kg
もちろんここで全部食べるわけじゃあありません。
ちょっと食べて、残りは今晩のおかずです。
では・・・感謝を込めて、いただきま~す!!
骨付き唐揚げ
ぬほっっ!
なんだ・・・これは・・・!? ( ̄□ ̄;)
衣はサクッと・・・まるで竜田揚げのようではないか。
そしてこの味わい・・・ほんのりと、甘い!
いやてっきり、しょうゆ系の味か、
スパイシーなものだと思ってたんですが・・・
塩気はまったくなくて、すごく優しい味わい
いや~、参りました・・・。
正直、この唐揚げは私の中ではナンバーワンではないです。
けど、間違いなくオンリーワンです!!
スイーツ系の唐揚げって感じですかね。
私の中では、まったく新しいジャンルです。
ちなみにこちら、グラム220円でございます。
基本、ムネ肉が多いですが、手羽元のような部位もあり、
比較的珍しい骨付き唐揚げ
骨付きでこのお値段っちゅーんは・・・
マルエイはん、なかなか商売が上手でんな~ (≧∇≦)
さて。おなか一杯唐揚げを食したところで、
ボチボチ帰りますか~。
しかし、もう1ヶ所寄るところがあります。
チャリダーの中ではマルエイと並んでマストとなっているらしい、
柿の葉ずしの九和楽(くわらく)へ。
マルエイチキンセンターからは紀ノ川を挟んで割りとスグです。
おっ・・・見えてきた・・・。
九和楽の柿の葉寿司は売り切れ
・・・と思ったら、店に入るまでもなく、「売り切れ」! (;´д`)
ただいま13:25。
さすがにちょっと遅かったか・・・。
その斜め前には、同じくチャリダー御用達のお店、
グラタンカフェがあります。
グラタンカフェ
でもまあ今日は唐揚げでお腹いっぱいなので、パス。
そのまま来た道を戻るのは性に合わないんで、
紀見峠を越えて帰ることにします。
途中、柱本から旧道に入る前に自販機でジュースを購入。
硬貨を入れ、ボタンを押すと、「ガコン!」と商品が出ると同時に、
怪しげなメロディーとともに「アタリ!もういっぽん!」との音声が。
ジュースもう1本アタリ
ひょっとしたら、人生で初めてのことかも?
こんなところで、希少な運を使ってどうするねん! (´Д`;)
しかも、これから紀見峠を越えるんですけど・・・。
唐揚げ約800g+ジュース500ml×2本歩荷かあ~あせあせ
素直に喜べない気持ちのまま、
結局は紀ノ川から休憩なしで紀見峠に到着。
紀見峠
愛機の傍らには本日の戦利品
もちろん、ここまでもアウター縛り継続ですが、
まあ、紀見峠は余裕ですね。
※ここまで2時間29分45秒
その後はトトロ街道を通って帰ります。
アジサイがキレイですね (´▽`*)
トトロ街道のアジサイ トトロ街道のアジサイ
ここ走ると、ついついタイムトライアルしてしまうので最近ご無沙汰でしたが、
ここは本当に四季折々を感じられるホント素敵な道ですね。
そして無事、帰宅。
柿の葉ずしが買えなかったのは残念でしたが、
それはまた次回のお楽しみということで・・・。
走行時間: 2時間57分12秒
走行距離: 59.18km
平均時速: 20.0km/h


同日 追記:
その夜、持ち帰った唐揚げを家族でいただきましたが、
私が思っていた以上に大好評で、
みんなしてムハムハ言いながら取り合うようにして食べました。
結果、元々の献立がかなり残るハメになりましたが (;´д`)ゞ
マルエイの唐揚げは最初は甘く感じるんですが、
2つ目からは甘さを感じることはほとんどなく、
ご飯にもおかずにもよく合いますし、
もちろんそのまま食べてもOKな感じ。
しかもデザートとして食してもOK(笑)
ホント、不思議な唐揚げですよ~ (*´∀`)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. ないあ より:

    おお!
    蔵王峠越えで行かれたのですか!すげー^o^
    グラタン専門店も気になりますよね
    私も頑張って遠出しなきゃ!(笑)

  2. 収納マン より:

    ないあさま
    ああっ!ありがとうございます!
    おかげさまでマルエイの唐揚げを食すことができました^^
    グラタンはあれですね・・・先に唐揚げ食べちゃうとちょっと食べれないんで、今度はグラタン直行してデザートにマルエイの唐揚げをつまむようにします(笑)

スポンサーリンク