なんとトップゴール!奥河内「長野公園ライドラリー」に参加しました

改元もエイプリルフールもどこ吹く風。マイペースに昨日の出来事をご報告させていただきます。

昨日3月31日(日)、河内長野駅周辺で「奥河内.meフェスティバル」というイベントが催されました。その一環として、長野公園の5地区を自転車で巡る「長野公園ライドラリー」が開催されると妻から聞いたので、友人のNさんと一緒に参加してきました。

10:00 河内長野駅前をスタート

長野公園ライドラリー2019@河内長野駅前

※写真はゴール後の様子

長野公園ライドラリーの参加受付は河内長野駅前ロータリー内の「ACT WITH」ブース。何度かお邪魔している、ピザも食べられる、本町にある自転車屋さんですね。

本日はNさんと一緒に天野街道を経て天野山金剛寺までサイクリングに行くことにしました。 しかし、途中までは順調だったのですが、肝...

「先着50名様に景品あり」ということもあって、当日朝の受付前には殺気立った200名以上のチャリダーが集合。…しているかと思いましたが、フタを開けてみれば参加者はチラホラでした(笑)

店長に促されるまま申込用紙に住所氏名等を記入。シールの台紙を受け取って、ほぼ10時頃にスタート。これから選ばれし50名のみが手に入れることができる幻の景品を懸けた死のレースが始まるよ!

長野公園ライドラリーMAP

今回の長野公園ライドラリーは河内長野市内に散らばる長野公園の5地区でシールを集める必要があります。しかし、順番は自由です。私とNさんは(1)長野地区→(2)河合寺地区→(3)観心寺・丸山地区→(4)延命寺地区→(5)天野山地区の順番で走ることにしました。

もちろん、当日までに2回試走。安全かつ最短、できるだけ高低差が少ないルートを選定しました。

長野地区ゲット!

長野公園ライドラリー2019@河内長野荘前

河内長野駅前をスタートして、いきなりルートを変更。国道310号線から河内長野荘前に行くには国道を横断する必要があって安全とは言えないので、イズミヤ方面に下ってから石川を渡り、急坂は歩いてシールの置いてあるポイントに向かいました(※前述のルートラボのルートとは異なります)。

シールは上写真のような感じで置かれています。まずは長野地区ゲットだぜ!

河合寺地区もゲット!

長野公園ライドラリー2019@河合寺

続いて、目と鼻の先の距離にある河合寺。高校時代は停部になる度に、ここの展望台までコソ連に来たものです。いま思えば、その頃からヒルクライマーでしたね(苦笑)

観心寺まで行って戻って3ヶ所目ゲット!

長野公園ライドラリー2019@観心寺丸山地区

続いて3ヶ所目は観心寺の前かと思いきや、それよりもかなり、くずの口のバス停に寄ったほうでした。行き過ぎて戻ってシールをゲット。

延命寺もゲット!

長野公園ライドラリー2019@延命寺

ポイントが観心寺の前ならフタコブラクダのような山を越えて延命寺に向かうつもりでしたが、丸山地区のポイントは、くずの口に近かったので、そこから下ってから延命寺まで上ることにしました。

ここまでは余裕。最後の天野山地区は一気に離れるうえにコース取りが難しいところです。

天野山地区も走破!

長野公園ライドラリー2019@天野山地区キャンプ場

とは言え、コースは下見済みです。延命寺からは三日市町駅前、烏帽子形神社、高向、旭ヶ丘、天野山金剛寺を経由して、キャンプ場へ。あとはもう、河内長野駅前に戻るだけです。

感動の、まさかのトップゴール!

ゴール!!@河内長野駅前

国道旧170号線を走って河内長野駅前に戻り、シールの台紙を受付に提出。店長に「もう何人かゴールしました?」と聞くと、なんと我々が一番最初だというではありませんか!

景品は自由に選ばせていただくことができ、私は伝説の勇者のみが手に入れることができるという「アタキチくん」(上写真中央)をいただきました(笑)NさんはBBBの4千円以上もする携帯ポンプをゲット。

収納マンwithアタキチ

収納マンwithアタキチ

「しかし、コレどうやって持って帰れば良いんだろう?」とNさんに言ったら、「ウィンドブレーカーの胸元に入れれば良いんじゃないすか?」ってことで、このようなスタイルで帰路につきました(笑)

本日の走行距離:約23km

本日の走行時間:約1時間25分

試走時は50分くらいだったところをゆっくりポタリングしました。風がかなりキツかったですけど天気は良くて、そんな中を咲き始めた桜を愛でながら走るのは最高でした!

おまけに、予想外のトップゴール!なんか最近、すごく運が良いような気がします(笑)

ともあれ、来年もあれば是非また参加したいです!

イベントを企画運営された皆様、本当にありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク