滝畑ダムに至る渓流沿いのコースが通行止め。蔵王峠方面も⇒通行可に

台風一過の河内長野周辺をサイクリングして3日目。昨日は滝畑ダムまで行ってまいりました。

途中で引き返すことも覚悟していたものの、なんだかんだ言って途中に集落もあるので、問題なく滝畑ダムに行くことができました。しかしながらやはり、台風の影響は少なくありません。

ダム下~渓流沿いルートは通行止め

滝畑ダム下~渓流沿いのルートは通行止め

滝畑ダム下の自動車屋さんのところで二股に分かれますが、左側の渓流沿いのルート(梨の木トンネルを経て滝畑ダムに至るルート)が通行止めとなっています(※記事下に追記した通り、通行可能となりました)。看板の位置からすると、集落までは行けるんでしょうけど、その先が通れない状況であると思われます。

右に進んで真っ直ぐ滝畑ダムを目指すコースは何の問題もなく通れます。しかし、ここまでは枝葉が散乱しているため、ロードバイクの場合はスリップに注意しながら走ったほうが良いでしょう。

滝畑ダム東側は問題なく通行可能

滝畑ダム東側は通行可能

滝畑ダム東側の自転車道はまったく問題なく走ることができます。これは日頃からしっかりと樹木の剪定をしてくれているおかげでしょう。

なお、ここを右に行けば梨の木トンネルですが、ここでは通行止めとなっていません。梨の木トンネルを通過して岩湧の森のほうに行くことはできるということでしょうか。

滝畑ダムの西側の道路はもちろん通行可能です。

蔵王峠方面はやはり通行止め

蔵王峠方面は通行止め

湖畔レストランに行くと、やはり蔵王峠方面は通行止めとなっていました。光滝、荒滝に言及がないということは、それより手前で倒木があるということなんでしょうか。

まあ、いずれにしても、滝畑ダムに至る渓流沿いのルートや蔵王峠方面のルートが通行止めになっていたことは想定の範囲内。大阪府や和歌山県ではまだ停電している地域もあるのですから、生活に影響が大きいところから全力を挙げて復旧していただければと思います。

2018/09/13追記:

滝畑ダム下~渓流沿いのルートは通行可に

本日滝畑ダムに向かったところ、渓流沿いのコースも通行可能となっていました。枝葉や土砂で滑りやすくなっていますが、ロードバイクでも走れると思います。

ただ、電柱が傾いたり電線が垂れ下がっていたりしますし、大型発電機を設置しているお宅が数件見られます。おそらく、送電線が機能していないと思われますので、近々電柱の建て替え工事が行われるのではないでしょうか。

そうなるとまた通れなくなってしまうわけですが、一帯の集落にお住いの方々は日々の生活にも不自由されているでしょうから、なにより早期の復旧を願うばかりです。

なお、湖畔レストラン前から蔵王峠方面への道はまだ通行止めのままです。

2018/09/16追記:

キャンプ場までは通行可能

キャンプ場までは通行可能となった模様です。湖畔レストラン前に掲示されていました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク