久々のランデブー!「葡萄坂」にサイクリングに行きました

年末に亡くなった父の確定申告が終わり、ようやく少し自分の時間を持てるようになりました。とは言っても、後回しにせざるを得なくなっていた仕事をやっつけるのが先で、まだ以前のようにサイクリングを楽しむ余裕はありません。

それでも約3ヶ月ぶりに、先週からロードバイクに再び乗り始めました。そのことを友人に報告すると、「待ってました!」とばかりにサイクリングに誘ってくれたのです。

目指すは葡萄坂!

今回は柏原市役所の北東側にある「葡萄坂」を目指します。私は行ったことがなかったんですけど、友人によるとサイクリストのメッカだそうです。

日の出とともに河内長野を出発、南河内サイクルラインを柏原まで北上します。南河内サイクルラインは平坦で楽ですが、いかんせん朝早いので寒くて敵いません(苦笑)

柏原まで行ったら東高野街道(旧R170)を少し北上し、上写真の「大県南」交差点を右折します。

つづら折りの道をグイグイ上る!

友人は坂が苦手だと言っていたのでナメていました…。つづら折りの坂をグイグイと上り、下からは遥か上に見えていた「柏原ぶどう」の看板の横を過ぎてさらに上っていきます。

道中は葡萄畑が広がり、眼下の景色もなかなかの絶景です。

ピーク(信貴変電所)までは距離は短いものの、道幅が狭い割りに車の通行量が少なくないため、決して走りやすいとは言えません。それでも、寒い朝にはちょうど良い運動でした。

朝早いにもかかわらず、途中で数人のローダーに出会ったところを見ると、やはりメッカと言える場所なのでしょう。

信貴変電所に到着!

信貴変電所に到着!

ともあれ、無事に信貴変電所に到着。ここからもう少し行くと奈良県に突入するわけで、大阪から奈良方面を目指すなら、峠越えとしては楽なほうだと思います。

いやしかし、電磁波の影響が強そうなゴール地点ですね~(苦笑)

今回走った河内長野~葡萄坂のコースは往復で50km弱。上りと言える上りは葡萄坂だけで、あとは平坦なので、復帰したばかりの私にはちょうど良い運動でした。

信貴変電所から奈良市内に向かうと往復で約50kmなので、次は葡萄坂経由で奈良まで往復100kmコースというのも悪くないですねー。

夏には環境を整えて、あちこち行けるようにしたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク