本日販売開始!FREETELのWindows10スマホ「KATANA01」の躯体は「priori2」と同じ!?

本日11/25(水)、FREETEL(フリーテル)からWindows10mobileスマホ「KATANA01」の販売が開始されました。
FREETELのWindows10スマホ「KATANA01」
出典:FREETEL
先月、同じくフリーテルの「SAMURAI 雅-MIYABI-」を買ったばかりなのに…って話ですけど(苦笑)、今度はガラケー用に使おうかなぁと思いまして。

「KATANA01」のここがスゴイ!

  • Windows10mobileスマホで税別12,800円という低価格
  • 低価格なのに4G/LTE(プラチナバンド)対応
  • 日本語対応の音声アシスタント「Cortana(コルタナ)」が使える
  • 4.5型ディスプレイ

Windows10mobileなんて、iOSやandroidに比べたらアプリが少なくて使えないって評判ですけど、ガラケーとして使うなら別に問題ないわけで。
むしろブラウザの動作確認用に使えるので私には良さそう。
また、私のガラケーSIMはドコモのFOMAなので4G/LTEなんて関係ないんですけど、まあそのうちSIMを買い替えることがあっても使えるので良いじゃないかと。
日本語対応の音声アシスタント「Cortana(コルタナ)」っていうのはiPhoneのSiriみたいなものです。
私はiPhone使っててもSiriなんて使うことがないんですけど、まあ一度くらいは遊んでみたいとは思います。
そして4.5型ディスプレイ。
やっぱりスマホは小さいのが良いですね。
そうそう、今はお蔵入りしてしまった私の「priori2」みたいな感じで…!?

「KATANA01」の躯体は「priori2」と同じ!?


ここまで見てからようやく気づきました。
「KATANA01」と「priori2」はどうも躯体がまったく同じようです。
ディスプレイの大きさはもちろん、躯体のデザイン、カメラやスピーカーの形状に至るまで、すべて同じように見えます。
外観だけでなく、スペックまで似ています。同じなのは以下の通り。

  • サイズ:132.8×66.3×8.9mm
  • 重量:約132g
  • ディスプレイ(サイズ/解像度) :4.5inch/854×480(FWVGA)
  • メモリ:内部RAM=1GB、内部ROM=8GB
  • 外部メディア規格:microSD
  • 外部メディア最大容量:32GB
  • カメラ:メイン=500万画素、サブ=200万画素
  • 連続通話時間:8時間
  • 連続待受時間:150時間
  • バッテリー:容量=1700mAh(取り外し可)
  • SIMスロット数:2
  • Wi-Fi:802.11 b/g/n
  • Bluetooth:Version=4.0 LE対応、Power class=class 1
  • センサー:GPS搭載 (A-GPS対応)/加速度センサー/近接センサー/e-compass

逆に、以下の点が異なっています。

  • OS:KATANA01=Windows 10 mobile、priori2=android5.0
  • CPU:KATANA01=Quad core 1.1GHz、priori2=Quad core 1.3GHz
  • SIMタイプ:KATANA01=micro/micro、priori2=micro/標準
  • ネットワーク:KATANA01=2G/3G/4G、priori2=2G/3G
  • 通信速度※端末の規格速度:同じ3GでもKATANA01のほうがpriori2より倍ほど速い
  • 光センサー:KATANA01=あり、priori2=なし

つまるところ、priori2で不満だったバッテリーの持ちはほとんど同じみたい。
【priori2の不満点】FREETELの最新格安スマホ「SAMURAI 雅-MIYABI-」を衝動買い!「priori2」と比較してみた
あと処理速度はKATANA01のほうが少し遅い一方、通信速度はKATANA01では改善されているようで、どっちもどっち。
また、MIYABIを見る限り、光センサーはあってもなくても大きな問題ではないかなぁという感じです。
というわけで一瞬、Windows10スマホのKATANA01に飛びつきそうになりましたが、バッテリー容量が2600mAhに増えて、priori3とMIYABIの中間程度のスペックのKATANA02を待ったほうが良いかなーと思いました。
ま、たぶん価格は1.5万円以上になると思うので、買わないと思いますが(笑)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク