オラも「アンカー」買うだ!今日は鍋谷峠TT→R24経由で紀見峠回って帰宅

世間はシルバーウィークということで。
お天気も良いし、やっぱり私もちょっと遠出したいわけです。
そんなわけで今日は、旧外環から天野山を越えて鍋谷峠タイムトライアル、そして和歌山側に下って国道24号線と371号線を通って、紀見峠からトロロ街道を通ってグルッと一周するというルートでサイクリングすることにしました。

天野山を越えてサクッと鍋谷橋へ

鍋谷橋
河内長野から旧外環(R170)を経由して天野山を越えて鍋谷橋へ到着。
タイムトライアルを控えているのでここまでは無理をせず40分13秒。
シルバーウィーク中とあってか、いつもよりちょっと車が多い。
でもチャリは下ってきたのを2台見ただけ。
河内長野~鍋谷橋

風のように私を抜き去った白いアンカー

ロードバイクに乗るようになって早4ヶ月。
鍋谷峠まではMTBでは何度か来ていますが、ロードバイクでは初めてです。
MTBでの自己ベストは30分17秒
さすがにMTBには負けたくないので最低でも30分は切りたい
できれば24分台を出したい。
そんな風に地味にプレッシャーを感じながら鍋谷橋をスタートするも、「あ…今日はあかん感じや…」
なんかこう、燃えるものがない。
「弱虫ペダル」を見てくるべきだったか… (´Д`;)
さすがにロードバイクはMTBよりも軽いので10km/hを下回ることはなかったですが、気持ちがくすぶったまま、ただひたすら鍋谷峠までの道を消化しました。
前から車が来て立ち止まらざるを得なくなっても、もう全然気にしない。
あと残すところ1/4ほどというところまで来たときでしょうか。
不意に横を「コンニチハー」と爽やかに駆け抜けていく人がいました。
その人が乗っていたのはブリジストンの白い「ANCHOR(アンカー)」
私も挨拶を返すと、ヒラリヒラリと舞うように、軽くダンシングしながら駆け抜けて行ってしまいました。
その姿はまるで白いLOOKに乗った真波山岳のようでした (*´艸`*)
あっけにとられながらも、ちょっと間を置いて追いかけようと思ったんですけど、一瞬にしてその姿は見えなくなってしまいました。
いや~、あれは速かった!私の倍近く…20km/h近かったんじゃないかな?
あのペースだったら鍋谷峠TTで20分切るだろうなー。
まったく、スゴイ人に遭遇してしまいました。

辛うじて30分を切った今回の鍋谷峠TT

鍋谷峠
一方の私は、バイクにしがみつきながら必死こいて何とかギリギリ30分切りました (;´д`)ゞ
ラスト、危うく30分オーバーしそうだったんで、頑張って29分55秒。
あー、さっきのアンカーの人みたいにカッコ良く走りたい…。
速い人ってフォームがキレイなんですよね。
でも私のフォームはむしろママチャリに乗ったお年寄りに近いあせあせ
これからは勉強してフォームに気を付けるようにしよう。
そしていつの日か、この鍋谷峠を20分切るくらいの速さで走れるようになって、アンカーを買おう。
(↑「買わへん」言うてるのに等しい・笑)
鍋谷橋~鍋谷峠

鍋谷峠からR24に出るまでは自己最高60km/hで爆走!

鍋谷峠から国道24号線に出るまでの道は国道側の半分くらいが既にバイパスが整備されていて走りやすい。
そこで初めて60km/hに達することができました。
いやー、やっぱりロードバイクって気持ちいいっすね。
その後、国道24号線を東に向かって走り、国道371号線を北上してセブンイレブン橋本インター南店でランチ。
本日のランチ@橋本市のセブンイレブン
食事をしながら、ふと雑誌コーナーのほうを見て思った。
セブンイレブンで販売されている雑誌
私はゴルフをしないので、ゴルフ雑誌を読む人の気持ちがよく分かりませんでした。
でも今はちょっと分かるような気がします。
あー、フォーム改造してぇ。
いや、その前にやっぱり体力作りなのか…?
鍋谷峠~セブンイレブン橋本インター南店

食後はどうもパワーが出ない…頑張って紀見峠

食事を済ませて元気百倍!…と思ったんですけど、食後って消化器系にエネルギーを持っていかれちゃうんですかね。全然パワーが出ないまま紀見峠に向かう旧道の入口まで来ました。
「こりゃあ思いのほか紀見峠を越えるのはキツイかも…?」と思いましたが、そこからは脚にエネルギーが回るようになったのか、電チャリに乗っているような感覚で無事に紀見峠に到着しました。
紀見峠
セブンイレブン橋本インター南店~紀見峠
紀見峠からはトトロ街道(南海高野線旧線跡)、高野街道を通って、無事に帰宅。
紀見峠~河内長野
本日の
総走行時間:3時間02分20秒
総走行距離:68.48km
平均時速:22.58km/h
ロード乗って初の約70km走行。次は100kmですね!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク