今日は久々にJAB29.4に乗ってみた

昨日は雨、そして今日も雨。自転車には乗れないと思っていた。
しかし昼過ぎにふと外を見てみると、雨が上がっているではありませんか!
いやこれは乗らないと損でしょう。
でも地面濡れてるから滑りやすそう。
やっぱやめとこー。
そう思っていたんですが、ふと声が聞こえたような気がした。
「私のことをお忘れではありませんか?」
ビアンキJAB29.4
ぬおおおお~~~っ!
ごめん!全力で忘れてたわ~~っ! Σ(´Д`;)
そそくさと準備をし、とりあえず涼しそうなところを目指します。
時間もそんなにないし、とりあえず高野街道通って延命寺方面かなー。
久しぶりに乗るJAB29.4はすこぶる快適。
まるでキャラバン(日産)にでも乗っているようです。
視界は良いし、振動はすべて吸収してくれます。
おまけにノーヘルでもOK(もちろん被ったほうが良いのだけど)。
段差も砂利も水たまりも急ブレーキも怖くない。
いや本当に、忘れていて申し訳ない (;´д`)ゞ
最近ロードバイクでマスターしつつあるダンシングにも挑戦。
食わず嫌いだったのか、意外とMTBでもダンシングはできた。
しかしなぜMTBでダンシングしなかったのかもすぐ分かった。
MTBではアウター&ハイでもギアが軽すぎるのです。
ロードならシッティングで厳しくなってきたらそのままおもむろにペダルの上に立てば良いのですが、MTBではそこからギアを1段上げてちょうど良いくらい。
しかもエンドバーを握った状態ではギアが操作しにくく、ダンシング向きではないことがすぐに分かりました。
腕押しダンシングにも挑戦。
すると、あれ?ハンドルを押しても推進力にならない。
原因はすぐに分かりました。
こういう場合にこそリモートロックアウトを使わなくてはなりません。
ビアンキJAB29.4のリモートロックアウト
これでフロントサスがロックされて腕押しダンシングも可能かと思いましたが、それでもハンドルを押す力をタイヤが吸収してしまうためか、推進力には変わりませんでした。
やっぱりMTBはハンドルを引くほうが良いのかな…?
そんなこんなで結局、延命寺の手前から南河内グリーンロードに向かって走って行き、またタイムトライアルのような感じになってしまいました。
延命寺脇から南河内グリーンロードつきあたりに到着
汗はダクダク、息はハアハア… (´Д`;)
そしてタイムは…
20分32秒
20分32秒。
なんじゃこりゃ!?
ロードバイク乗って走るのとほとんど変わらへんやん!? (°д°lll)
【前回ロードバイクでの結果】今日もプロのロードレーサーの影を追っかけてきたニャー(ΦωΦ)
なんでしょうね、これ。
私はロードバイクに向いていないのか、それともロードバイクはあくまでも長距離乗ってナンボのものなのか…。
そうして打ちひしがれていると、ふと前回ここに来た時のことを思い出しました。
そして自然の厳しさを目の当たりにすることとなりました…。
お母さん、帰ってこなかったんだね…コンチクショー。
「猫は気楽で良いなー」は間違い。
「勝者は気楽で良いなー」が正しいんだと思いました。
もっと言えば、勝者であっても勝ち続けなければいけないんだと思いました。
しばらくここは走れないなー。
そう思いながら、木立に囲まれた山道を下って帰りました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク