【ソフトバンクiPhone5格安スマホ化計画】SIM下駄「R-SIM7+」使ってDMMモバイルで運用してみた

私は2009年の春からiPhone3G、iPhone4、iPhone5と3世代にわたってソフトバンクのお世話になってきました。たからこそ言えるのは、iPhoneはやっぱり素晴らしいということです。
 

  • 端末とOSの相性が良い
  • アプリが充実しており他の機器との連携も安定
  • 操作性が洗練されている
  • 子供にも安心して使わせることのできるApp Store
  • 真にスマートな外観

ほかにもいろんな良い面があり、語り尽くせないほどですが、いかんせん3大キャリアで使った場合の料金が高すぎます。そこでSIMフリー版のiPhoneを購入して格安SIMで運用する方法も考えましたが、iPhone6では私にはデカ過ぎるんですよ。かと言って手元にソフトバンクのiPhone5があるのにドコモのiPhone5を買うのもバカバカしいわけで。
そこで、ダメ元でSIM下駄「R-SIM7+」を使って、DMMモバイルのSIMを入れて月額1,000円以下で運用することにしました。
話せば長ーい話になるので、今回はまず大まかな流れについてお話ししたいと思います。
 

3度目の正直で本物の「R-SIM7+」をゲット!

SIM下駄「R-SIM7+」偽物・偽物・本物
ソフトバンク版iPhoneに格安SIMを入れて使うためには、「SIM下駄」と呼ばれるものを使用しなければなりません(他にもファクトリーアンロックという方法もあるのですが)。そこでいろいろ調べてみた結果、「R-SIM7+」というSIM下駄が一番評判が良いということで、まずamazonにて590円で購入。しかしこれが偽物で、まったく使えませんでした。
偽物が横行しているとは噂には聞いておりましたが、慎重な私がいきなり偽物を掴まされるとは…。改めて今度はamazonでのレビューを徹底的に検証し、本物が送られてくる可能性が高い販売者に発注するも、これまた偽物!一つ目は返品&返金、二つ目は廃棄&返金となりました。
3度目の正直ということで、今度は楽天市場のAPNショップにて購入。ようやく本物をゲットできました。右上のQRコードのシールが真贋を見極める大きな手掛かりとなるようです。
 

「R-SIM7+」の動作確認のために予定より早くDMMモバイルと契約

DMMモバイルのSIMカード
7月末にソフトバンクを解約する予定で考えていたので、DMMモバイルと契約するのも直前で良いと考えていました。しかしR-SIM7+の動作確認のために契約を前倒しすることになってしまいました。
娘には楽天モバイルのベーシックプランを契約した一方で私がDMMモバイルを契約した理由は、できればLTE(4G)高速回線を使いたかったのと容量は1GBで十分であったため。また、容量1GBではDMMモバイルがもっとも安く(税別630円+SMS150円)、格安SIM業界でもっとも挑戦的な価格設定をこれからも続ける可能性があると感じたからです。
【関連記事】

予定より早く契約することになってしまったDMMモバイルですが、初月無料などの特典はないものの料金は日割り計算であること、使わなかったデータ容量は翌月に繰り越されることで、まったく問題ありませんでした。
 

ソフトバンクに三行半を突き付けたものの厄介なことに

ガラケー時代も含めると10年以上お世話になったソフトバンクを7月末で解約しました。ソフトバンク携帯同士の通話無料やiPhoneで釣られてきたものの、もう好きなようにさせられないぞ、と勢いよく三行半を突き付けましたが、厄介な問題が発生しました。
私のiPhoneの契約に自宅のADSL契約(ホワイトBB)が紐付けられており、iPhone解約と共に自宅ADSLも自動的に解約。妻名義でホワイトBBを契約し直せば良いと思っていたのですが、料金プランやキャンペーンが変わってしまっているために2年前と比べると有利な契約ではなくなっていることが判明。
とは言え、今月解約を見送れば次の更新月は2年後までやってこない。スマホBB割りを有利にするには妻が機種変更をしなければならない。まさに進むも地獄、戻ることもできない、ソフトバンク地獄。頭の痛いところではありますが、ここらが潮時かと判断しました。結局、自宅ADSLはホワイトBBをやめて楽天ブロードバンドにしましたが、結局これもソフトバンク回線というのが悲しいところです(苦笑)
【関連】自宅ADSLをソフトバンク・ホワイトBB→楽天ブロードバンドに乗り換え
 

なかなか成功しないソフトバンク版iPhone5のSIMフリー化

ソフトバンク版iPhone5をR-SIM7+でSIMフリー化してDMMモバイルのSIMカードを挿入
ソフトバンク版iPhone5をR-SIM7+でSIMフリー化してDMMモバイルで運用することは多難であることは覚悟していましたが、想像以上に大変でした。
マニュアルというものが存在しないので、ネットで先駆者の知見を参考にしながらiPhoneを設定。R-SIM7+で下駄かましてDMMモバイルのSIMカードを物理的に挿入するだけ…と言えば確かにその通りなんですけど、なかなかうまくいきません。何度もiPhoneの設定をやり直し、電源を入れたり切ったり、SIMカードを抜いたり挿したり、ソフトバンクのSIMカードを入れてアクティベーションをやり直したり。「圏外病」が発生したらDMMモバイルのSIMカードを娘のpriori2に挿入して圏外病を解消したり。
結局、足かけ3日間、計4~5時間掛かりました。それまで繋がらなかった理由も分からなければ、最終的になぜ繋がったのかもよく分かりません。とにかく不安定で不確実なものであるということはよく分かりました。
 

気が付けばまた「圏外病」発症…前途多難

気が付けばまた圏外病
それでもまあ繋がったのは良かったです。ホッと安心してこの記事を書き始めて、ふと横を見るとiPhone5のアンテナ表示が「圏外」に…!さっきまで普通に使えてたのに、また娘のpriori2で圏外病を解消してやらなければならない…。そう思いながら放置していたら、今度はアクティベーションを求められ、しまいには「SIMなし」表示に。
前途多難です。こんなのに付き合っていたら仕事になりません。SIMフリー版iPhone7の登場を待ちつつ、娘と同じくandroidのpriori2でも購入しようかと考えています f(´-`;)
【関連】断念しました→ なんと!格安スマホのフリーテル「Priori2」がandroid5.0ロリポップにアップデート

コメント