ビアンキJAB29.4にシマノ・CLICK'R(クリッカー)ペダル&シューズ買っちゃいました!(*^m^*)

以前から師匠に「クリッカーおすすめ!」と言われながらも、
ペダル交換するだけじゃなくてそれ専用に靴も買わないといけないし、
だいたい、そこまでマジで走る気ないし、と思ってたんですが、
今後、金剛登山をすることを考えると、
山道ではハーフクリップに靴をハメるのがちょっと難しそうなので、
ビンディングペダルを検討し、結局クリッカーを買うことにしました f(´-`;)
正直、どのビンディングペダルが良いのか分からなかったんですが、
ネットでもやっぱりシマノのCLICK'R(クリッカー)が
初心者向けで良いという意見が散見されましたので、
それのマウンテンバイク用のもの(PD-MT50)を購入。
それに合わせる靴は、やっぱりマウンテンバイク用のもの
(SH-XC30L)
も検討しましたが、
クリッカーなら普通のSPD対応のシューズならOKなものの、
やっぱりクリッカーペダルにはクリッカーシューズが無難と考え、
デザインの好みも鑑みて、SH-CT45をチョイスしました。
クリッカーペダル&シューズのパッケージ
パッケージ見るのさえ初めてです (*´艸`*)
クリッカーペダルPD-MT50
こちらがマウンテンバイク用のクリッカーペダルPD-MT50
ペダルの外側は樹脂製です。
専用のクリート(SM-SH56)も1セット付いています。
クリッカーシューズSH-CT45
クリッカーシリーズのシューズ、SH-CT45
普段、スニーカーはゆったり目にだいたい27.0cmを履くのですが、
今回は43.0サイズ(27.2cm)をチョイス。
ただ、普通に履く分にはこのサイズで良いのですが、
引き足を使うことを考えるとジャストフィットの42.0サイズ(26.5cm)を
選んだほうが良かったかな、と思います。
(特に甲の部分にゆとりが多すぎる感じ。ちなみに私は甲高なほうです。)
メイド・イン・チャイナ。
クリッカーシューズSH-CT45底面
底面は普通のスニーカー並みと思ってたんですが、
それよりもトレッキングシューズに近い硬さです。
クリートを付けてアスファルトの上を歩くとカチカチと音が鳴るので、
まるでローカットの登山靴を履いているようです。
(ただし重さはしっかり目のスニーカー並みの感じ=25.2cmで643g)
クリッカーシューズSH-CT45側面メッシュ
こちらのモデルは両側面がメッシュになっています。
これから夏に向けては良さそうですが、冬は寒そうです。
クリッカーシューズSH-CT45かかとリフレクター
かかとは一応、リフレクターになっています。
ペダルにリフレクターが付いていないので、ちょっと安心。
クリッカーシューズSH-CT45にクリート装着
クリートを取り付けてみました。
最初、+ネジを回してもネジが取れないと思っていたら、
ゴム底の一部ごとガバッと取れるんですね(笑)
そこのくぼみにクリートをアーレンキーで取り付けます。
ネジは前後に2段階、受けごと前後にスライド可能で、
とりあえずは一番後ろ側に取り付けてみました。
箱を捨てようと思ったら、シール(PET樹脂製)が出てきました。
インソール下にシールを貼る
インソールを外し、クリートの受けのところに貼るそうです。
シール貼った後
貼りました。
が、あとでクリートの位置がかなり後ろ過ぎたと分かって、
調整を試みる際に、シールを一旦剥がす必要がありました。
シールは一通り調整が終わってから貼るのが良さそうです。
クリッカーペダルとシューズを試して合体
ペダルとシューズを合体してみました。
手でハメ込むのは初めてだとちょっと手間取りました。
さてさて、JAB29.4にクリッカーペダルを取り付けましょう。
ディスプレイスタンドにJAB29.4を乗せてみた
この日のために、29er用のディスプレイススタンドも買いました(笑)
クルクル回るクランクからどうやってペダルを外すか思案しましたが、
やはり今日のために取り寄せたホーザンのペダルレンチのおかげで、
割りとすんなりと取り外し、交換ができました。
クリッカーペダルを装着
ディスプレイスタンドを付けたついでに、
チェーンの掃除をすることにしました。
チェーン清掃前 → チェーン清掃+オイル差した後
3週間ほど乗っただけでめちゃぐちゃ汚くなってましたが、
キレイに拭いてチェーンルブをかけてちょっとマシになりました。
そして、いざ、試走へ! (゚∀゚)
ビンディングの強度はデフォルト(中央値)より2段階緩くしましたが、
とりあえずはこれくらいがちょうど良いかな、という感じです。
思ったよりも、脱着は難しくはありませんでした。
ハーフクリップよりも簡単かも?
ただ、スマートにスムーズに脱着するには、
もうちょっと慣れが必要かなと思います。
チェーンを掃除した影響もあるかもしれませんが、
ペダリングがちょっと楽になった感じがします。
引き足を使っている、という感覚はあまりないのですが、
なんとなくペダリングが軽いような気がします。
そして、一番の懸念であるダートに突入!
延命寺から美加の台に抜けるダート
写真の場所はぜんぜん石が少ないほうで、
もっと石がゴロゴロしていて、
しかも今日は雨上がりで滑りやすい状態。
何度もバランスを崩しましたが、ペダルを外すのには何ら問題なく、
むしろハーフクリップよりもペダルの脱着が容易で、
しかも踏み外しがなくてむしろ安全に思えました。
クリッカー、想像以上に良かったと思います (*^m^*)
クリッカーの良いところ

  • ペダリングが1~2割ほど軽い(ような気がする)
  • ハーフクリップよりも脱着が容易(特にダートや上り坂)
  • 踏み外しがなくなり、安全
  • ギアチェンジの際にペダルから足がズレることがなくなった
  • 見た目にスマート

クリッカーの悪いところ

  • 靴と合わせると1万円ほどの初期投資が必要
  • ちょっと歩きにくい(カチカチと音が鳴る)
  • 両面クリッカーのペダルにすると普通の靴では乗れなくなる

悪いところというのは、正直あまりないですね~。
普通のスニーカー1足買ったって、1万円くらいしますし。
ちょっとしたバージョンアップとしては、手頃な価格だと思います。
まだちょっと走っただけなので未知の部分も多いですが、
これからまた長距離を走って検証したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク