新しいNexus7(2013)にするか、古いNexus7(2012)にするか・・・で、結局ASUS・MeMoPad ME173を買った( *´艸`)

オーバー・ザ・還暦の母が「タブレット使ってみる。」と言うので、
私が手配してあげることに。

しかし、どれだけ使いこなせるか分からないので、
ちょっと高価なiPad miniをいきなり買うのはちょっと気が引ける。
しかも、iPadはやはりパソコンと繋いでこそ本領を発揮するし、
だいたい、androidのほうが音声入力が優れているので、
やっぱりandroidのほうが無難だろうと判断。

老眼であるため10インチも考えたが、
重いので、7インチのほうが良いだろう。

7インチのandroid・・・やはり一番最初に頭に浮かんだのは、
私も所有しているGoogle Nexus7 (2012)

でも新しいGoogle Nexus 7 (2013)も発売されたしなー。
でもちょっと高いんだよね~。
それこそ、iPad miniと変わらない値段になっちゃうし。

じゃあ、Kindle Fire HD
安全にアプリをダウンロードできそうという点ではシニア向けだけど、
どうもユーザーインターフェイスが納得いかないからな~。

・・・というわけで、あれこれ考えた結果、
Nexus7の製造元であるASUSが製造しているMeMo Pad HD7 ME173をチョイス。

私がNexus7(2012)を使っていて一番不満だった点である、
「アウトカメラがない!」という問題を解決している。

スペック的にもまあ、だいたい似たり寄ったりな感じ。
Nexus7(2012)では一度初期不良を起こし、
ASUSの対応にも不満があったが、
まあこの値段なら致し方なしか・・・ということで決断。

しかし発注してからメーカーに在庫がないことが判明したらしく、
結局、約3週間ほど待たされて手元に届いた。

MeMo Pad HD7 ME173外箱

台形のちょっと凝ったデザインの化粧箱入り。

同梱品

本体、ACアダプタとUSBケーブル、保証書など。

ACアダプタはNexus7(2012)のものよりも小さく、
アダプタの幅が通常のプラグと同じくらいなので、
節電タップなどにも挿しやすいのはウレシイ。
形状はiOS端末のACアダプタを2倍くらい大きくした感じ。

ちなみに、ACアダプタを取り囲むような形で、
安っぽい樹脂製のスタンドが付いている。

本体ディスプレイ面

正面にはASUSのロゴ。

本体背面

背面にはアウトカメラが。
ちなみにカラーはベリーベリー・ブルーベリー(笑)にしたが、
パッと見た目は黒にしか見えない。
が、よーく見ると、青っぽい紫色であることが分かる。

Nexus7(2012)とMeMo Pad ME173を並べてみた

MeMo Pad HD7 ME173とNexus7(2012)を並べてみた(笑)

銀縁のベゼルのあるなし、ASUSロゴのあるなしで容易に判別できるが、
パッと見た目は意外と分かりにくく
Nexusを取ろうとして、思わずMeMo Padを手に取ってしまった(苦笑)

Nexus7(2012)とMeMo Pad ME173の背面

MeMo Pad HD7 ME173とNexus7(2012)の背面。
MeMo Padはツルッとしており、指紋が目立ちやすい樹脂製
Nexus7はドットの凹みが並んだラバー仕上げ。

MeMo Padのほうが滑りやすいと言えば確かにそうだが、
逆に、樹脂製の背面を持っていると、
MeMo Padのほうが約12g重いはずなのに
Nexus7のほうが重量感があるように感じる。

Nexus7(2012)、MeMo Pad ME173上面

MeMo Padのリアカメラは昔の携帯カメラのような出っ張りだが、
それほど出っ張っているわけではなく、1mmにも満たない。
なお、全体は1mmほどMeMo Padのほうが厚いが、
それほど差は感じられない。

また、Nexus7では下面にあったmicro USB挿入口とイヤホンジャックが
MeMo Padでは上面にセッティングされており、
充電しながらの操作などがしやすいのはウレシイ。

Nexus7(2012)、MeMo Pad ME173下面

それそれの下面。
Nexus7は下面にmicro USBとイヤホンの挿入口が。

Nexus7(2012)、MeMo Pad ME173左面

それぞれの右面。

よく見ると、電源ボタンと音量ボタンの間隔が違う。

Nexus7(2012)、MeMo Pad ME173電源・音量ボタン

Nexus7では音量ボタンと電源ボタンを間違って押すことが多いが、
MeMo Padではそんな心配は少なくなりそうだ。

Nexus7(2012)、MeMo Pad ME173右面

それぞれの左面。

MeMo PadにはNexusのようにクレードルに設置するための接点がない。
一方でMeMo Padにはmicro SDカードの挿入口がある。

外観の違いは以上の通り。
次回は、中身の違いを詳しく見ていこう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク