今夜は里芋の煮ころがし・・・のはずが、自転車を押して転がすハメに(´Д`;)

今日は流谷を回って、トトロ街道を走ることにしました。


大きな地図で見る

随分と涼しくなってきたので清々しい涼しい風を受けながら走っていると、
道の真ん中に何やら転がっているのが目に入った。

蛇に遭遇

真っ黒なのでゴム紐かと思ったら、でした (@_@)

蛇さん、こんにちは(゚∀゚)

いや~、なんか良いことあるのかな~? (´▽`*)

そこから少し行くと、野菜の無人販売所に(上地図・C地点)。

野菜の無人販売所

ここは初めて自転車で通ったときにキュウリが売っていて、
帰りに買えば良いかと思っていたら別ルートで帰ることになって、
その後、何回か通ったんですが、
あいにく品物が何もないという状態が続いてたんですけど、
ラッキーなことに、今日は何か売っているぞ? (*´艸`*)

里芋、ゲットだぜ!

ヨッシャー!里芋、ゲットだぜ! ¥(゚∀゚)

「今夜は里芋の煮ころがし?」

「それとも洋風でいっちゃう?」

な~んて考えながら快調に流谷の下り坂を下っていると・・・

ガン!!

うわっ!道路を横切るグレーチングの段差でかなりの衝撃!!

なんか、後ろからシュルシュルと聞こえるぞ・・・?
落ち葉でも絡まったのかな・・・?

・・・と思ったのも束の間。

シュルシュルという音は次第に、
ゴッ、ゴッ、ゴッという音に変わり、
パンクしたことに気づいた。

後輪パンク!

いやー、参った。

パンク修理キットなんて、持って来てないんですけど・・・ (´Д`;)

しかも、山の中(上地図・D地点)に独り・・・。

こんなところでパンク

仕方ない。とりあえず山を下って行こう。

そうだ!美加の台に住む師匠のお宅に寄って、
パンク修理キットを貸してもらおう。

じゃあ早速、師匠にTELだ!

・・・と思ったら、圏外でした

仕方なく、しばらく自転車を押して歩き、
ようやく流谷八幡神社の手前で圏内になったので師匠にTEL。

師匠がパンク修理材を持って車で来てくれることになりました。

ありがとうございます~!師匠~ (T-T)

師匠と落ち合い、早速パンク修理材を充填してみる。

が、むなしくもリムの横から白い泡がボトボトと・・・

これではイカンということで、愛機は師匠の車に積んでいただき、
「サイクルベースあさひ」へ救急搬送されることになりました。

結果、典型的なリム打ちパンクで、穴が2ヶ所開いており、
パンク充填剤を使用したためにチューブ交換することに。

そして約30分後、愛機はプロの手によって奇跡の復活!! <(`^´)>

師匠、最後までお付き合いいただき、本当にありがとうございました m(_ _)m

これからは日頃の空気圧のチェックに注意し、
パンク修理キットを携行するように心がけたいと思います

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. より:

    大変でしたね。頼りになる師匠がいてくれてよかったですね。
    パンク修理剤、予備のチューブは、必需品ですね。
    ボクは、少し遠くまで走る時は、持って行っています。
    家族で走る時は、チューブ4本持って行かなきゃいけないので、大変。
    (^_^)
    空気圧は、走る前には要チェックですね。

  2. 収納マン より:

    泉さま
    本当に、師匠には感謝感謝です^^;
    一応パンク修理用品は持ってるんですが、携帯用ではなかったので、昨夜からネットで物色中です。
    当面は空気圧のチェック、早い時間帯での出発を心掛けたいと思います。

スポンサーリンク