電チャリで和泉葛城山に登ってきましたっ!

登ってきましたっ!和泉葛城山に! (´▽`*)

和泉葛城山

いや・・・どうしようかと思ってたんですよ。
こっち方面には行ったことなかったし。
だいたい、距離が長いし(片道約26km)・・・

師匠をお誘いしようかとも思ったんですが、
電チャリではかなり無理のあるコースなので、
肝心のところで力尽きる可能性も高く・・・ (;´д`)

で、まずはやはり私が先遣隊として行かねばと考え、
今回の「今はひとり強行軍」となったわけです (`・ω・´)ゞ


大きな地図で見る

しかし、今までの最高は金剛登山の片道約18km。
今回はその1.5倍近くあり、
しかも天野山を越えていかなければなりません
さらに、途中の道がどんなかあんまりよく分からない

とりあえず一番の心配はバッテリーがもつかどうか
和泉葛城山の手前まで行って電池切れ・・・という事態は避けたい。
登山道の途中で電池切れして遭難というのはもっと困る

そんなわけで、可能な限りバッテリーを温存して行くことにしました。

10:40 決死の覚悟で出発

メールの処理などをしていたら出発が遅れてしまいましたが、
念のため、はじめて空気ボンベと瞬間パンク修理剤を持って出ました。
途中、コンビニでおにぎりを2つ購入

11:05 長野公園天野山にて休憩

旧国道170号線を通って天野山金剛寺前の
長野公園天野山(B地点)で一休み。

子供の頃はバイパスがなかったので車が多かったけど、
今は本当に車が少なくてちょっとオドロキ ( ̄□ ̄;)
でもおかげさまで快適に走れました (*´∀`)

休憩する必要はあまり感じなかったけど、
熱中症予防のため小まめに水分補給しないと・・・。
これから天野山を越えるわけだし・・・

ノーアシストで天野越え!そして雨が・・・!

自分でも本当に驚いたのですが、
ノーアシストでここまで来て、天野山も越えてしまいました!

まさに、
「あなたと越えたい・・・あまの~ご~え~♪」
ですよ! ♪(*´○`)o¶~~♪

いや~、驚きました・・・。
想像してたほどしんどくなかったし。

で、気を良くして、
「こうなったら、登山口までノーアシストで行ってやる!」
と思ったのでした。

が、天野山を越えてすぐ、ポツポツと雨が・・・
予報では18時からのはずなのに・・・。

一瞬、引き返すべきかと思いましたが、
幸い、このときはすぐに止んだのでした。

12:14 ノーアシストで牛滝温泉いよやかの郷へ!しかーも!

こんなヘナチョコでも、やればできるもんです

途中、天野山よりハードな坂がありまして(D~E地点)、
そこではノーアシストを続けるべきかちょっと考えましたけど
(ここを避けるためには旧国道170号線のC地点から入るよりも
 西側の内畑町から府道40号を真っ直ぐ来る方が良さそう)、
その後、1回休憩しただけで、ノーアシストで、
和泉葛城山に入る林道(?)の入口(G地点)に到着

しかも、牛滝温泉いよやかの郷のところで、
ローダーさんをひとり抜いてしまいましたっ! ∑(・ω・ノ)ノ

いや~・・・彼はきっとかなり遠方から来たに違いない。
それにしてもノーアシストの電チャに抜かれたと知ったら、
きっと気分を害するだろうな
・・・。

そんなことを考えながら和泉葛城山に入る林道(?)の入口で
一息入れていると、そのローダーさんは、
ちょっと離れたところで休憩して、引き返してしまいました。

なんだ、登らないんだ・・・。

元気100%収納マン!
↑ 見よ!1時間半走ってきてバッテリー100%!
  決してバッテリーを交換したわけではありません(笑)

12:51 和泉葛城山の山頂に近いところに到着

電動アシストを「スイッチオーン!」して、
12:22に林道(?)の入口を出発。

そして、29分03秒で到着

ちなみにここは山頂ではありません。
山頂は自転車の入れないところにあるようです。

ですのでここを終点と言って良いのかどうか分かりませんが、
林道(?)の入口からこのへんまで、
速い人は30分を切るそうです。
スゴイなぁ・・・。

それにしてもここまでの道。
てっきり、オフロードだと思ってたんですが、
キッチリ舗装されてたんですね。
ロードでも問題なく走れそうです。

もっとキツイかと思ってましたが、
紀見峠の長いバージョンといった感じ(7.6km)。

ロードやMTBで登るのは相当キツいと思いますが、
金剛登山で通ったようなルートを想定していた私としては
まったく問題なく登れました。

が、バッテリー残は35%・・・。
登山口までバッテリーを温存しておいて正解でした (´・`;)

バッテリー残35%

ちなみに、途中には細かくピークまでの距離が表示されており、
ペース配分を考えながら走ることができます。

山上までの距離表示板

葛城山園地でランチタイム♪

その少し先の葛城山園地の展望台にて昼食。
水は飲みつくしてしまいましたが、
まあ、帰りはどこででも買えるでしょう。
(結局、買う機会はないまま帰宅しましたが)

展望台の上から1枚パチリ。
まさに何とかと煙は高いところが好き、というやつですね(苦笑)

葛城山園地展望台からの眺め

それにしても雲行きが怪しい・・・。
そして何やらゴロゴロと聞こえるぞ・・・ ( ̄ロ ̄lll)

13:13 さあ、帰るぞ!

なんだか雲行きが怪しいので、サッサと下山しよう。
が、結局、途中で降ってきてしまった

帰りは楽チンのはずだったが、どうにも滑って危ない。

15分で登山口まで戻るも、ズブ濡れ。
顔が濡れて力が出ないよ~っ! (o +_○+o)

帰路、ズブ濡れに

その後も雨は断続的に降り続け、
外に干してきた洗濯物の心配をしながら、
結局1度も休むことなく、14:44に帰宅。

ちょっと節電しながらでしたが、
基本的にはアシストをオンにして帰ってきたので、
和泉葛城山から約1時間半で帰ってこれました

バッテリー残2%

いや~、それにしても、
雨のおかげで休憩しなくても
熱中症になることなく帰ってこれましたね。

でもこれが冬だったら、低体温症になっていたかも・・・。
今後、対策を考えねばなりませんね・・・。

しかもフェンダーなしだと、
ちょうど口のところに水が跳ねてきて、
ウォシュレットの水のように
生暖かい水がビューッと来るから大変!ヾ(;´Д`●)ノ

やっぱりフェンダー付けたほうが良いかなぁ・・・。

コメント