YAMAHA PAS Braceの新モデル"XL"が発表されましたね('o')

私が乗っているYAMAHA PAS Brace
新モデル”XL”が発表されていました(7/18)。

先週、同じくBraceオーナーの師匠とコレ見て話してたんですが、
やっぱりバッテリー容量が約1.5倍になっているのが最大の魅力!

坂の多い河内長野あたりだと60分で25%くらい使うので、
現行モデル(8.9Ah)だと約240分乗れるのが、
新モデル(12.8Ah)だと約340分くらい乗れる計算。

現行モデルだと片道2時間の通勤しか無理だったのが、
新モデルだと片道3時間弱でもOKですね(笑)

でもちなみに、私の現行Braceで金剛山に登れば
片道60分でバッテリーは使い切りますが、
電チャとは言え、体力のほうがキビシイです (’~`;)

反対に、平地だと信号に引っかからなければどこまでもいけます。
時速24km/hを超えるとアシストしないからですね(笑)

ちなみにこのバッテリー、今度は急速充電と来た!
現行はフル充電に6.5時間掛かっていたのに、
新型は約半分の3.5時間
ま、寝ている間に充電するのであまり関係ないですが・・・。

もうひとつ大きな変化は、クランク回転センサーがついて、
トルクセンサースピードセンサーと合わせて
トリプルセンサーとなったこと。

今までは速度とペダルを漕ぐ力で
モーターによるアシストを調整していたのが、
さらにペダルの回転も考慮してくれるというわけ。

実際に乗ってみないと分からないんですが、
現行モデルだと、ダートでグッと踏み込むと、
アシストがグンッと掛かって、
原チャの発進時にアクセルをひねりすぎて
軽くウィリーする感覚のようになることがあるんですが、
クランク回転センサーがあるとそういうことがなくなるでしょうね。
(そういう場合は、踏み込んでもペダルはほとんど回転しないので、
 アシストが強くかかりすぎる心配が減るはず。)

ダートだけでなく、平地での発進時も、
後ろから押されるような感覚は
ちょっと減るかもしれません。

また、現行モデルでは、
ペダルを漕ぐ速さとアシストが掛かるタイミングに
若干(数秒)のズレが生じることがあるんですが、
そういうのもなくなっているのかもしれません。

ちなみに私も師匠も現行Brace Lには大変満足しています(´3`)

一言で言うと、「この値段でこの仕様は本当に良くできている!」

普通に電チャリ買った場合、安くても6万円台でしょ?
(いわゆるメーカー品の場合)

で、Braceの場合は、前輪ディスクブレーキ、後輪Vブレーキ、
フロントサス、サイクルコンピューター、
スタンド、ワイヤーロックも付属。
この仕様のクロスバイク買ったら、5万円は下りません。

足して12~3万円・・・というのは変な話かもしれませんが、
たとえばグリップ1つ取っても、比べれば比べるほど、
良くできているなぁと感心させられます。

まあ私も師匠も現行モデルで満足なので新型は買いませんが、
師匠はバッテリーだけは買おうかなと言ってます。

私は師匠ほど長距離乗らないので、
今のところはまったく予定なしです。

ま、愛機が壊れたり、盗難に遭ったら間違いなくコレ買いますが(笑)
乗り心地はもちろんですが、もともと単車乗りの私には、
“YAMAHA”のロゴとフロントの三音叉のエンブレムがたまらんのです (*´д`)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク