前傾姿勢で走れば、人生なんだってデキるかもしれない

今日は愛機にまたがって滝畑ダムへ。

いつものように花の文化園前を通過。

しかしいつもとちょっと違ったのは、
いつもは6速で花の文化園前の坂を上がっていたのが、
今日は8速のまま通過できたこと。
ちなみに以前は4速に落としていた。

「あれ?いけるやん。」

電動アシストなんだから当たり前と言えば当たり前なんだけど、
今日はこのまま目的地である滝畑ダムまで
8速のまま行ってやろう
と思った。

最大の難所は直前の、トンネルに向かう坂

上りで8速だと、時速20km/hを下回ると、
ペダルが重すぎて漕げない可能性がある。
だから20km/hを下回らないようにする必要がある。

そして坂の前半は20km/h以上で通過。
後半も18km/h以上で走り抜けた。

これ以上ないくらい、前傾姿勢で。
ちょうど、坂道ダッシュのような姿勢
(シッティングのまま)

サドルの高さを変えただけで走りが激変したけど、
姿勢ひとつで走りがさらに変わることが分かった

「できない」と思っていたことが「できた」

毎日ほど自転車に乗ってブログを書いていると、
もうそろそろネタ切れかと思うけれども、
結局毎日、何かしらの気づきがあり、
自分自身の可能性を感じることができる。

自転車に、感謝。

前傾姿勢で走る収納マン
↑ 前傾姿勢で走る収納マンの図
(自分撮りのため、頭が前傾してませんが・笑)

コメント