おばちゃんがママチャリのサドルを数cm上げて前傾姿勢で走ったら世界は変わるかもしれない

昨夜、愛機のハンドルとサドルの高さを上げたので、
今日は試しに滝畑ダムまで走ろうと思ったのですが、
あいにく小雨が降り続く状態・・・

30分おきくらいに空を見上げては「やっぱ無理か?」と思うこと数回、
とうとう痺れを切らせて滝畑ダムに向かってしまいました (*゚∀゚)

たった4cmサドルを上げ、ついでにハンドルの高さも変えただけで、
まさか、こんなにも乗り心地が変わってしまうものとは思いませんでした

単車で言えば、まるで、
クラブマンのようなシングルからレーサーレプリカに乗り換えたよう

自転車で言えば、今まで乗っていたのはいわゆるシティサイクルで、
急にスポーツ車に変形したかのよう

今まで乗っていた私の愛機はどこに行ってしまったんでしょうか!?

脚が勝手に上下ピストン運動を続ける!

今まではペダルを漕ぐ、円運動をしている感じ。
しかしサドルを高くしただけで、
脚が上下ピストン運動になって、
しかもそれがどうにも止まらない!

走っている途中で誰かに、
「えらい急いでるね。どこ行くの?」と聞かれたら、
「知らんわ!俺の脚に聞いてくれ!」って感じ(笑)

そんなわけで、とにかく速い!

事務所から滝畑ダムの駐車スペースに今まで30分で行っていたところが、
25分で着いてしまいました
おまけにバッテリーも3%ほど持ちが良く

さらに平坦な道だと、今までは24km/hちょっとしか出なかったのが、
同じくらいの感覚で漕いでも27km/h以上出たりする

というのも、電チャリなので24km/h以上はアシストしないため、
23km/hを超えると漕いでもスカスカ空回りしてたのが、
なぜか24km/hを超えてもまだ加速できるんです。

ほんまに、「なんじゃこりゃ!?」ですよ(笑)

坂道が平坦に見える!

視点が上がったからでしょうか?
それとも平均巡航速度が2~3km/h上がったからでしょうか?

坂道が坂道に見えない。
勾配が3%ほど小さくなっている感じがします(当社比)。

今までは事務所から滝畑ダムに向かうのに、
だいたい6速で走り、登り坂は4速・・・というのが普通でしたが、
結局すべて6速(平地は8速)で走り切ってしまいました

つまるところ、楽チン!

結局、滝畑ダムに着いて、1周回って、
物足りなくなって、もう1周してしまいました。

もう、どうにも止まらない!
止まった時には「どやっ!?」って感じですよ(笑)

そしてこの達成感
平地だったらアシストなしの重いチャリで走ってるわけですから。

2周目回ったあとは止まらずにそのまま帰ってしまいましたが、
今まで1回で果ててたのが、
4回くらいやってやったって感じですね (゚∀゚)

という感じで、本当に自分でも信じられません・・・。

たった4cmサドルを上げただけでこんなですから、
さらに4cm上げたら平地が下り坂に見えるかも・・・? ヽ(;´Д`)ノ

「何をバカなことを・・・」と言われそうですが、
実はまだ2cmくらい上げられそうなんです

乗り始めは「やっぱ高いな~」と思っていたんですが、
滝畑ダムに着いた頃にはサドルが下がってきているように思えたんです。

「しまった。サドルの固定が甘かったか・・・?」
と思って確認してみましたが、サドルは別に下がっていない。

脚が伸びたんでしょうか・・・?
このまま毎日走り続けたら、胴長短足のはずの私は数か月後には、
スーパー伸長法のお兄さんのようになっているかもしれません! ヽ(゚∀。)ノ

脚が伸びた収納マン(イメージ)

これはエライことです。
もしこの事実が世の中に知れ渡ったら・・・

街ゆくおばちゃん達がサドルを数cm上げて、
前傾姿勢でビュンビュン走ったら・・・

さすべえ取り付けてたらE.T.のワンシーンのように
飛んで行ってしまうかもしれませんねぇ・・・ (´∀`*)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク