iOS Google Mapsアプリの徒歩ルート検索ナビがトホホな件

昨日、Google Mapsアプリの徒歩ルート検索ナビ
エライ目にあったという話をしましたが、
今日はその件にスポットを当ててお話したいと思います。

 Google Maps

今までにも自動車用のナビとしては、
Google Mapsアプリを使ったことはありました。
自動車用としては簡易なカーナビという感じで、
まあ十分使えるんじゃないかと思っています。

が、徒歩ルートの場合はかなりキビシイ
ないよりはマシと言える部分もありますが、
ないほうがマシと言える部分もあります。

言われるがままに進むと、道がないとか、
私有地や関係者以外立入禁止のルートを案内し、
ときには道など何もないところを進めと言います(苦笑)

こうなると自分で道を探し、
もと来た道を戻るか、迂回しなければならず、
非常にガッカリさせられることでしょう。

ほかにも、いくつかの問題が存在します。

現在位置や進行方向が全然正確じゃない

ルート上に現在位置を示すアイコンがあることはむしろ少ないほうで、
少し、もしくは大幅にルートをズレて表示されていることが多々あります。
(まるで昔のカーナビみたい。
 アプリそのものではなくGPSに問題があるんでしょう。)

まだ直線ルートであればそれほど大きな問題はないのですが、
分岐路や並行して走る道がある場合は混乱必至です。

現在地や進行方向が全然正確じゃない

車じゃないんだからUターンさせなくても・・・

基本的に画面は周辺拡大図が表示された状態で、
広域図を見るには一旦案内を中止して
画面を切り替える必要があります。

またナビを再開させるのは容易なので
それ自体は別に問題ないんですが、
指示された道を外れて進んだ場合などに案内通り進むと、
その先でUターンするという案内だったりする
んですね。
(狭域図だとそれを知らずに進んでしまうわけです。)

コレは一生懸命歩いているときだったりするとかなりキツイ
車じゃないんだからUターンは必要ないでしょう。

「フィードバックの送信」がウザイ

ナビゲーション中に、
ちょくちょく「フィードバックの送信」という画面になり、
そのときは画面が真っ暗になるので地図が見れません

「何をフィードバックするの!?」という感じで、
正直、イラッとする以外の何物でもない
非常に迷惑なお知らせです。

※あとで分かったことですが、
 設定で「シェイクでフィードバックを送信」を
 オフにすれば解決するようです。

フィードバックの送信

3D表示は別に要らない

ナビゲーション中は地図を3D表示というか、
平面的ではあるけれども遠近法で表示してくれるんですが、
これが結構ありがた迷惑。
なぜなら、距離感が分からなくなってしまうため。

オフにできるようにしてくれれば良いんですが・・・。

あんまり文句ばっかり言っても申し訳ないんで、
逆に良かったと思う点についても書いておこうと思います。

音声ナビのタイミングがナイス!

自動車での案内では曲がる300m手前の音声案内が、
徒歩の場合は100m手前であるなど、
徒歩用にアレンジしてくれているのは大変ありがたい。

iPhoneのバッテリーが10%を切ると自動的に・・・

iPhoneのバッテリーが10%を切ると自動的に
プッシュ通知と音声案内のみになり、
画面は待機状態になる省電力モードに入ります。

まあ、徒歩用のナビはまだ提供されたばかりのベータ版なので、
googleさんがこれからどんどん改良していってくれることでしょう

以上、現状のiOSのGoogle Mapsアプリのレビューでした。

コメント