のんびり走る、収納マン

“日没までには、まだ間がある。
 私を、待っている人があるのだ。
 少しも疑わず、静かに期待してくれている人があるのだ。
 私は、信じられている。
 私の命なぞは、問題ではない。
 死んでお詫び、などと気のいい事は言って居られぬ。
 私は、信頼に報いなければならぬ。
 いまはただその一事だ。
 走れ!メロス。”

『走れメロス』(太宰治)

誰もが知っている、この有名な一節。
その前にはこんなシーンがありました。

“まっすぐに王城に行き着けば、それでよいのだ。
 そんなに急ぐ必要も無い。
 ゆっくり歩こう、と持ちまえの呑気のんきさを取り返し、
 好きな小歌をいい声で歌い出した。”

このブログのタイトルである「走れ!収納マン」の裏には
実にこののんきなわたくし・収納マンがいます。

人生は長いようで短い。
そして、やらねばならないことがある。

そう、やらねばならない。
「分かっている」と「実際にやる」は全然違う。

だから、走るのだ!
運動不足を解消するために。

電チャリで!!(爆)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク