ガチャマシーン初号機を改良して量産型を製造!その作り方を公開!

先日、お金を入れないとガチャできないガチャマシーンの作り方を公開しましたが、
そのコイン式ガチャマシーンを作る過程で、
いかに初号機の構造に無駄が多いかということに気づきました。

もっとも、初号機は参考となるものがないまま設計図も何も用意せずに、
かなりテキトーに作っていった結果できあがったシロモノなので、
結果的に無駄があっても仕方なかったのだとは思いますが、
多くの方が参考にしてくださっている現状、
やはり改善すべき点は改善しておきたいと思い、
初号機を改良した「量産型」を作ることにしました。


ガチャマシーン量産型

 

材料


材料
 
  • ダンボール箱
  • 1.5リットルのペットボトル(円筒形)
  • 牛乳パック(2本)
  • 板ダンボール
  • 木ネジ(長さ15〜20mm程度)

今までは縦長のダンボール箱を使用していましたが、
今回はあえて一般的なミカン箱サイズのダンボール箱を使用しました。

ダンボール箱のサイズ

一番短い辺がペットボトルの首(肩)から底の長さよりも短ければOKです。
今回はダンボール箱の短辺とペットボトルの大きさがジャストフィットでしたが、
ダンボール箱のほうがそれよりも小さい場合は
下写真のようにペットボトルを縮めても良いでしょう。

カプセルが入るようにペットボトルをカット

またダンボール箱の大きさによっては1リットルのペットボトルの使用もOKです。
ダンボール箱のほうが大きい場合は箱のほうに何らかの加工が必要ですね。
(内側にスペーサーを仕込むか、箱自体を縮めるように加工するか)

板ダンボールについては、潰したダンボール箱でOKです。
また、厚紙でも代用可能です。

 

道具


道具
 
  • 直定規
  • カッターナイフ
  • プラスドライバー
  • ハサミ
  • ボールペン
  • OPPテープ またはガムテープ

テープは重ね貼りできるものがベターです。

 

作り方


カプセル取り出し口を切り抜く

まずはカプセル取り出し口を切り抜きます。
下辺は切り落とさずに奥に倒すようにしたほうがベターです。


牛乳パックを切り開く

上写真のように牛乳パックを展開します。
一面だけ切り落とす感じですね。


ダンボール箱内側にレールとして牛乳パックを取り付け

先ほど加工した牛乳パックを上写真のようにテープで固定。
牛乳パックの底がダンボール箱の奥で支えになるわけですね。
これがカプセル取り出し口までカプセルが転がるレールになります。


正面にペットボトルの口を差し込む穴を開ける

カプセル取り出し口の上にペットボトルの口を突っ込む穴を開けます。
ペットボトルのキャップで型を取って切り抜けばOKですね。
ペットボトルがレールに当たらないように気を付けて位置を決めましょう。


ペットボトルを穴あけ加工

ペットボトルの側面にカプセルがすんなり入る大きさの穴を開けます。
カッターナイフやハサミを使うので手を切らないように注意!


ペットボトルの内側に牛乳パックの底部分を貼り付ける

ペットボトルのの中に2個以上のカプセルが入らないように、
上写真のように牛乳パックの底部分を貼り付けます。
中に2個以上のカプセルが入ってしまうと、
1回まわすだけで何個もカプセルが出てしまいますからね。


ダンボール箱の内側にペットボトルを固定

先ほどダンボール箱の正面に開けた丸い穴にペットボトルの口を突っ込み、
ペットボトルの底面はダンボール箱の外側から木ネジで固定します。
ペットボトルの底面は堅いので、
ネジ留めの際は先に下穴を開けたほうが良いですね。
ペットボトルが水平になるように注意。


カプセル収納スペースの底を作る

板ダンボールでカプセル収納スペースの底面を作ります。
V字型の中央にカプセル1個が入る穴を開けます。


ガチャマシーン量産型の内部模式図

パーツだけ見せられても意味がよく分からないですよね。
上図はガチャマシーン量産型の内部の模式図(正面図)です。
前述のパーツは緑色の線の部分のことです。


カプセル収納スペースの底面を固定した状態

カプセル収納スペース底面を取り付けた後の内部の様子。


このままでも一応完成ですが、
側面がオープンとなっていると、メンテナンスはしやすいのですが、
収納してあるカプセルが横から飛び出しやすいので、
側面を閉じて上方オープン構造としました。

上蓋を加工

というわけで、完成!! (o^ー')b


せっかくなので、お好みでデコレーションをしてもよろしいかと。

デコレーションをして完成

ガチャマシーン量産型、ここにあり。


動画も作ってみましたので、よろしければどうぞ (・∀<)

このエントリーをはてなブックマークに追加

今度はお金を入れてガチャ!(゚∀゚) ダンボール箱で手作り☆コイン式ガチャマシーンの作り方-3-

「コイン式ガチャマシーンの作り方-2-」のつづき


前回までで主要なメカが完成しました。
相当難しかったと思いますが、ここからはそんなに難しくありません。


ペットボトルの底をダンボール箱の正面から見て反対側の面の内側に、
木ネジで固定します。

ペットボトル底部を木ネジで固定

木ネジというのはネジ先が尖ったやつですね。
ペットボトルの底は堅いのでキリなどで下穴を開けたほうが無難です。


いったん、ネジ留めしたペットボトルの底を外し、
ペットボトル上部をセットしたのちにペットボトルの底を再度固定。
ちゃんとペットボトルが回転するか、確認してみてください。

ペットボトルを仮にセットしてみる


この時点でお気づきかと思いますが、
ノブ(ペットボトルのキャップ)を回しても円盤は空回りします。
ペットボトルに円盤を確実に固定しなければ、
せっかく苦労して作ったロック機構もはたらきません。

そこで、ホットガン を使ってペットボトルに円盤を固定します。

ホットガンでペットボトルの口に円盤を固定

このとき、注意しなければならないのは、
ペットボトルの側面にあけたカプセルの入り口の向きです。
私はカプセルが大量にストックできるように
カプセルが横から入るように円盤の位置を決めましたが、
カプセルがスムーズに1つづつ入るようにするためには、
ペットボトルの真上からカプセルが落ちる形にするほうがベターです。

円盤を固定した状態

上写真は、左側からカプセルが入るかたちですね。


今度は逆転防止パーツを作成します。

逆転防止機構のパーツ

左が受け、右が突起部となるパーツですね。
受けは工作用紙2枚を貼り合せて折り曲げ、
突起部は工作用紙4枚を貼り合せて作ります。


逆転防止機構を取り付け。

逆転防止機構を取り付け

私の場合は円盤の位置をコインを入れられる状態にして、
そこから数mm以上は左に回らないようにしました。

ちなみに私の設計では円盤に取り付けた逆転防止機構の突起パーツが
カプセル取り出し口に掛かってしまう状態となってしまいました。
(ノブを回した際にカプセル取り出し口から突起パーツが見える瞬間がある)
幸い、取り出し口に出てくるカプセルを突起パーツが
接触することはありませんでしたが、かなりきわどいケースもありますので、
その位置決めには注意が必要です。
(そもそもノブの位置をもう少し上にしたほうが良かったかも?)


今度はカプセルを収納するスペースの底となるパーツを作成。

カプセルの収納スペースの底面となるパーツ

これは最初に作ったもので、のちほど修正しました。
とにかくペットボトルより下にカプセルが落ちないように、
またペットボトルのカプセル入口に向かって滑って行くように、
さらに内部のどこかで引っ掛からないように、
カプセル収納スペースの底の形をイメージすることが大事です。


それらを順番に取り付けていきます。

カプセルが左下に落ちないように

カプセルが右下に落ちず、左に向かうように

カプセルがペットボトルの奥や手前付近で滞留しないように


なお、カプセル収納スペースの底パーツはすべて、
上に跳ね上げられる可動式になっています。

底パーツは可動式とするのがベター

完全に固定してしまうと、あとでメンテナンスするのが大変ですから。
カプセルが途中で詰まったり、コインが変なところに落ちたり、
ということは必ず起こり得ることと思っておいたほうが良いでしょう。


さてさて、さきほどホットガンで円盤をペットボトルに固定したわけですが、
実はこれでもまだ完全にはロック機構ははたらきません。
なぜなら、ペットボトルの底はダンボール箱に固定されてますが、
ノブ(ペットボトルのキャップ)は押すと内側に押し込まれる状態だからです。

そこでノブをダンボール箱内側に押し込められないように、
Oリングを作成して取り付けます。

ノブのOリング

ペットボトルの口よりも小さめの穴をあけた円盤。
工作用紙2枚貼りあわせで十分かと。
上写真のように「C」字型に切れ目を入れ、
中心円内側には八方に少しだけ切れ込みを入れる。


そしてこれを取り付けます。

Oリングを取り付け

ノブがダンボール内側に押し込められない状態になったでしょうか?


最後に、牛乳パックの底側を深さ3〜4cm程度切り取って、
それをペットボトルの中にテープで貼り付けます。

ペットボトル内部に牛乳パックの下部を切り取って貼り付け

これは2個以上のカプセルが同時に
ペットボトル内に入らないようにするためですね。
2個以上が同時に入ってしまうと、
1回まわすだけで2個以上がゴロゴロと出てきてしまいますから。


これにて、一応完成です! ヾ( ゚∀゚)ノ゙

じゃあ早速、実際に動かしてみましょう!


コインを入れてみます。

コインを入れる


ノブを回すとカプセルが出ました!

ノブを回すとカプセルが出る


コインはコイン受けにちゃんと落ちてました!

コインはコイン取り出し口に落ちている


以上の動作はたぶん、大丈夫じゃないかなと思います。
一番の問題はロック機構がちゃんとはたらくかどうかですね。
コインを入れずに回した場合に、ちゃんとロックされるか・・・・?
何度も繰り返して正確に作動するように調整してみてください。


ちゃんと作動することが確認できたら、
カプセルを10個程度収納スペースに放り込んでみましょう。

カプセルをたくさん入れてみる

これですべてが最後の一個まで取り出し口に出てくればOKです。
しかしそうならない場合には各所の修正が必要です。

私の場合は、ペットボトルの左側からカプセルが入るようにしましたが、
ペットボトルのさらに左側にもうひとつカプセルがハマってしまい、
ペットボトルの上からカプセルが落ちるように
底パーツの形状や位置を修正しました。

修正後の底パーツ


紙製ですので、残念ながら100%確実に動作させるのは難しいです。
ですからほどほどの妥協も必要だと思いますが、
自分が納得するレベルまでは頑張ってみてください。

最後にデコレーションをして完成!! ヽ(*´∀`)ノ

新型コイン式ガチャマシーン

思いっきり遊んでください♪

おっと・・・作るのに必死で中身を用意するのを忘れてました汗
妖怪メダル、買ってこよー(笑)


実際に稼働している様子を動画にしてみました下

このエントリーをはてなブックマークに追加


最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

  • トトロ街道(南海高野線旧線跡)通行止めのお知らせ(9/20-10/31)
    収納マン
  • トトロ街道(南海高野線旧線跡)通行止めのお知らせ(9/20-10/31)
    永坂
  • トトロ街道(南海高野線旧線跡)通行止めのお知らせ(9/20-10/31)
    収納マン
  • トトロ街道(南海高野線旧線跡)通行止めのお知らせ(9/20-10/31)
    永坂
  • 今度はお金を入れてガチャ!(゚∀゚) ダンボール箱で手作り☆コイン式ガチャマシーンの作り方-1-
    収納マン
  • 今度はお金を入れてガチャ!(゚∀゚) ダンボール箱で手作り☆コイン式ガチャマシーンの作り方-1-
    ちぇりー
  • 今度はお金を入れてガチャ!(゚∀゚) ダンボール箱で手作り☆コイン式ガチャマシーンの作り方-1-
    収納マン
  • 今度はお金を入れてガチャ!(゚∀゚) ダンボール箱で手作り☆コイン式ガチャマシーンの作り方-1-
    ちぇりー
  • 今度はお金を入れてガチャ!(゚∀゚) ダンボール箱で手作り☆コイン式ガチャマシーンの作り方-1-
    ちぇりー
  • 今度はお金を入れてガチャ!(゚∀゚) ダンボール箱で手作り☆コイン式ガチャマシーンの作り方-1-
    収納マン

オススメ

プロフィール

ブログ内検索

その他